5月16日の赤十字大会では美智子さまの所作を熱心にご覧になっていた

「皇太子さま(58)は5月下旬、1泊2日の日程で滋賀県で開催される“八大行啓”のひとつ、『「みどりの愛護」のつどい』に臨席されます。 

 雅子さまも同行が検討されているのですが、これが実現すれば、宿泊を伴う地方訪問は昨年11月ぶりとなります」(皇室担当記者)

 今年9月には、皇太子さまとご一緒にフランス訪問も検討中とのことで、お仕事に奮闘されている様子の雅子さま。

 5月16日には、都内で行われた『全国赤十字大会』に美智子さま(83)や各宮家の妃殿下とともに15年ぶりに出席された。

「この大会は、日本赤十字社名誉総裁の皇后さまが医療やボランティアなど赤十字活動に貢献した個人と団体に章を授与されるもので、美智子さまにとって思い入れがお強い公務のひとつです。

 式典が終わって退席する途中、会場内の人々が見ている前で、雅子さまの腕に触れながら笑顔で言葉を交わされていたのです。“来年からよろしくね”と言わんばかりの行動に驚きました。

 昨年は急性扁桃腺炎のために欠席した雅子さまですが、今回が美智子さまの最後のご出席ということで、“引き継ぎ”という意味あいがあったのは間違いないでしょうね」(東宮職関係者)

 さらに、明治時代から歴代の皇后に引き継がれてきた「養蚕」の作業を雅子さまが継承されることも決定。13日には皇太子ご一家が、皇居にある蚕の飼育施設を訪れて美智子さまから説明を受けるなど、来年5月1日のお代替わりに向けて、着々と準備が進んでいるようだ。