写真はイメージです

「猟奇的で怖いというか、気持ち悪いですよね。子どもたちに危害が及ばないか、とても心配です」

 と近所の30代主婦は顔をこわばらせた。

頭はなく内臓が出ていた

 千葉県船橋市本中山の住宅街にあるマンション敷地内で6日午前10時20分ごろ、1階に入っている店舗の女性従業員が子猫の頭部を発見した。

「裏庭でハエが2、3匹たかっていたので何かと思ったら、直径6~7センチくらいの生まれたばかりの子猫の首だったんです。ほぼ白地に茶と黒の交じった三毛猫でした。目を閉じ、口を閉め、眠ったように宙を見上げていました。傷口から血は流れていませんでしたので周囲はきれいでした」

 と女性従業員。

 ほぼ同時に店舗の経営者も気づいて、同10時50分ごろ110番通報した。

「当初はうちへの嫌がらせかなと思ったんですが、それならば目立たない裏庭より、店の前に置いたほうが効果的ですよね。目的はわかりませんが、110番通報や報道でやめてくれればいいと思って通報したんです」

 通報を受けた千葉県警船橋署は、生活安全課の署員らが出動。鑑識係のほか私服警察官を含めて10人近くが駆けつけ、捜査に着手した。

 すると同日の正午前後、マンションからわずか40メートル程度しか離れていないアパート敷地内の梅の木の下で、別の2匹とみられる子猫の死体も見つかった。

 同アパートの大家の女性が話す。

「朝起きて7時ごろ見つけたんです。1頭は頭がなくて、内臓が出ていたから、とてもグロテスクでね。もう1頭は尻尾がないの。2頭ともグレーの子猫で血は出ていませんでしたよ」

 あまりに小さな子猫だったため、カラスにでも襲われたのだろうと思っていたところ、捜査員が聞き込みに来訪したため、この件を告げたという。

「死体は捜査員が持っていきました。前日までは何もなかったのに、一夜のうちに何匹もの子猫が襲われるなんて考えにくい。犯人はカラスじゃなくて、きっと人間なんでしょう」(前出・大家の女性)