ゴダイゴの6人。左から吉澤洋治(61)、タケカワユキヒデ(65)、トミー・スナイダー(65)、ミッキー吉野(66)、スティーヴ・フォックス(64)、浅野孝己(66)。撮影/森田晃博

 ドラマ『西遊記』放送40周年を記念して、4月22日にフルメンバーで公演を行ったゴダイゴ。1976年にデビューし、その音楽性の高さと最先端の楽曲で、社会現象にまでなった彼らが生み出した名曲の数々は、多くのアーティストにカバーされ、いまなお若者に愛され続けている。

タケカワユキヒデ「結成当初は、僕とミッキーのダブルキーボードのバンドだったんだよね。最初は全詞英語で通ウケする音楽ばかりをやっていて、なかなか売れなくて。『ガンダーラ』を出すときに、ミッキーがこう言ったんだよね。“やっぱりさ、売れるバンドはボーカルがいないとダメなんだ。タケ、悪いけどマイクを持って歌ってくれないか”と。それまでマイクだけを持って歌うなんてやったことないから、手のやりどころとかわからなくって(笑)。

 でも『ガンダーラ』が売れなかったらこの先がない、という状況だったので、頑張りましたよ。VHSのビデオを買って、自分たちの出番だけ家族に録りだめしてもらいました。今でも家には、『ガンダーラ』ばかりとか、『モンキー・マジック』ばかりみたいなテープがあります(苦笑)。あのころは毎日、歌番組があって、毎日、同じ曲を歌って、いま考えるとそんな幸せなことはなかったよね

男女や世代を問わず幅広い客層が集まったコンサート「billboard classics GODIEGO with premium strings&choir -THE GREAT JOURNEY 2018-」は、クラシック音楽の殿堂として有名な『東京文化会館』ホールにて。撮影/森田晃博

わずかひと晩で作り上げた伝説の曲

 取材当日のライブはチケット完売。本番では、みんなが知っているシングルから、隠れた名曲まで披露した。アンコールで、タケカワが「さあ、行きますか、あの曲を!」と声をかけて会場が沸き上がったのが『銀河鉄道999』。スターとして多忙な合間に、タケカワがひと晩でこのメロディーを作ったという逸話がある。

タケカワ追い込まれていたのがかえって功を奏したんだと思います。“THE GALAXY EXPRESS 999”というサビにメロディーをつけるなんて、よくそんな恐ろしいことができたと思う(笑)。真剣に文字とにらめっこをしていたら、生まれなかったかもしれない。でもね、ミッキーがいちばん大変だったんじゃないかな。僕の曲を受け取ってすぐにスタジオでアレンジしてくれて」