事件のあったマンションの部屋。2DKで家賃は6万円程度

「昨年、晴(はると)が衰弱死した日に救急車を呼んだとき、オレも立ち会ったのよ。娘夫婦の自宅マンションは玄関を開けただけでもクサかった。なにしろゴミが20~30袋ある“ゴミ屋敷状態”だったし、子どもたちのオムツ、糞尿のツンと鼻をつくニオイもしたからね。

 市の保健師さんは何度も家庭訪問してくれたそうだけれど、異変に気づかなかったなんて信じられない。他人のプライバシーを侵害すると思って、あえて口出ししなかったのかもしれないが、オレは正直に言ってほしかった。そうすれば晴も助かったはずなので、そこを怒ってるのよ」

娘のこと、少しでもわかってほしい

 事件は昨年10月9日の午前10時ごろ、埼玉県桶川市のマンションで起きた。母親である山邊仁美容疑者(25)が、当時1歳1か月の三男・晴くんの意識がないことに気づき、父親で鳶職の山邊拳士郎容疑者(25)が「冷たくなっている」と119番通報。しかし、救急隊が到着したとき、晴くんはすでに死亡していた。

 遺体には虐待を受けたような外傷はなかったが、体重が3・8キロと同年齢の標準体重の4割程度、身長も標準より15・8センチ低い60センチだった。同居の長男(4)、次男(3)の健康状態に問題はなかった。

 県警捜査一課と上尾署の合同捜査班は慎重に捜査を進め、今年5月16日、満足な食事を与えないまま衰弱死させたとして保護責任者遺棄致死の疑いで両親を逮捕。両容疑者とも「子どもが泣いたらミルクを与えていたが、泣かなかったら与えていなかった」と容疑を認めているという。

 週刊女性は、仁美容疑者の実父(55)にインタビュー取材を申し込み、約3時間にわたって事件の背景など夫婦間の詳細を聞いた(以下、カッコ内はすべて仁美容疑者の実父)

「ネットでは娘について『鬼畜』『鬼嫁』『同じ女性として許せない』などと書き込みがある。しかたのないことかもしれないけれど、父親のオレに言わせれば酷なのよ。仁美はかわいそうな子なの。少しでもわかってほしいと思って身内の恥をさらすことは百も承知でしゃべります」