左から竹内由恵、有働由美子、加藤綾子

 4月3日、27年間勤めたNHKを3月いっぱいで退局していたことが話題となった有働由美子(49)だが、その余波がすさまじい。

有働最強説

「これまで、“カトパンがCMに出る”などフリー女子アナの一挙手一投足は一部で騒がれていましたが、そんな比ではない。有働さんは、存在感も金銭的にも、桁が違いすぎるんです

 と言うのは民放キー局関係者。どういうことなのか。

「キャスターとして取材力もあれば、アナウンサーとしてスタジオ回しもできる。知識も豊富で、頭の回転も速く、ユーモアも抜群。また、本音をぶっちゃけるから好感度も抜群です。言うならば、女版・久米宏。唯一無二の存在ですよ」(前同)

 そうした能力に早くから目をつけていたのだろう、数年前、日本経済新聞の社長が直接、彼女にオファーをしていたという。

「あるパーティで、日経新聞がメインスポンサーを務める『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)の“次期キャスターを”とオファーをしたそうですが、当時はNHK残留の意思が強く、断ったそうです。ですが、晴れて退局となり、各所で、撒き餌に群がる鯉のごとく“有働詣で”が始まっています」(同)

 有働奪取に並々ならない気合いが入っているのが絶不調のフジテレビだという。

「上層部の迷走ぶりと低視聴率は止まらず、最近ではドラマも壊滅的です。そこで、22時台のドラマをすべてやめて、かつての久米宏の『ニュースステーション』(テレビ朝日)を彷彿とさせる報道番組の構想があるといいます」(放送作家)

 ちなみに当時、テレ朝から久米の制作会社に支払われていたのは年間70億円、そのうち5億円が彼のギャラだったといわれるが、

「有働さんには“親しいスタッフ数人を引っ張って来てもらって、彼女のギャラと合わせて10億円くらいなら安い”という声もあるそうです」(前同) 

 大幅な経費削減が叫ばれるフジにあっては、大きな勝負だろう。

煽りを受けるカトパン、水卜ちゃん

 だが、そうした影響を受けてしまったのが、フジOGの加藤綾子(33)。

「制作費20%カットの指令が出て、『スポーツLIFE HERO’S』はカトパンのギャラが払えなくなってしまい終了。まあ、視聴率もかなり悪かったんですが」(同)

 そんな彼女は4月から、連続ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)に出演するなど、女子アナ業以外の新境地を開拓中だ。