左から東啓介、藤田玲 撮影/森田晃博

 舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」連載。

 第35回は東啓介さんが藤田玲さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年6月19日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

ハート型のフォトスポットで
2ショット撮影

――おふたりが共演したミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』の稽古場の行き帰りは、いつも藤田さんの車で一緒だったとか?

藤田 はい。いつも、神戸屋でパンを買ってきてくれて「玲くん、パンだよ~」って渡してくれて。二人でそれ食べながら稽古場に向かうっていうね。

 でも、なかなかないですよね。1公演でここまで仲良くなるのは。

藤田 うん、ないね!

――何がそんなに二人を結びつけたと思いますか?

藤田 なんだろう、育ってきた環境なのかな~。家族仲がいいとか(笑)。

 そうですね。でも話が合うっていうのは、一番大きいかもしれないですね。

藤田 あとは、2.5次元も、グランドミュージカルも、ストレートもいろいろやってるっていう共通点もあるよね。

 ああ~そうですね、マルチで(笑)。あと、『スカピン』公演のマチソワ間(昼公演と夜公演の間)に、台本の読み合わせとかもしましたよね。

藤田 あ! そうそう。お互い次の舞台がすぐ後にあったんで。とんちゃんは僕の舞台『夜曲』の相手をやってくれて、僕はとんちゃんのミュージカル『マタ・ハリ』の相手をやって。お互い覚え合ってました。

 気を使わないから、けっこう厳しめに「もう1回!」って(笑)。

藤田 そうそうそう(笑)。「ここの節が違う」って、お互いダメ出ししあって。

――『スカピン』でいちばん思い出深いことは?

藤田 僕ね、なんだかんだ最後なんだよね。大千秋楽の夜の打ち上げの前に、二人でビール飲みに行って……。

 ああ~、TBS赤坂ACTシアターの前のおしゃれな道がクリスマスの時期で、ハート型のイルミネーションのフォトスポットがあったんですよ。

藤田 そこを通ったときに、なんか自然な流れで「じゃあ撮る?」って(笑)。

 けっこう前にカップルがいたんだけど、それも待って(笑)。

藤田 イェ~イ! って、2ショット撮影して(笑)。その後、赤坂サカスのテラスで、ナチョス食べながらビール飲んでるときも、幸せでしたね~。

 幸せでしたね、最高でした。

藤田 あそこ、すごく印象深いんだよね。