西野朗監督

 ハリルホジッチ氏の突然の解任により、新たにサッカー日本代表の監督に就任した西野朗氏。選外もウワサされた本田圭佑や香川真司といった我の強い面々とこれからワールドカップに臨む。

「西野さんは、早稲田大学、卒業後は日本リーグで活躍。日本代表には学生時代から選ばれていました。

 引退後は、柏レイソル、ガンバ大阪の監督を務め、また’96年のアトランタ五輪では日本代表の指揮をとり当時、世界最強と言われたブラジルを撃破するという、“マイアミの奇跡”を起こしました」(スポーツ紙記者)

 と、彼の経歴の話はここまで。今回はサッカー専門誌やスポーツ紙が伝えない、なんだか妙にイケメンな西野監督の素顔をお届け! 

ハンカチ王子なんて敵じゃない

「口数は多いほうではなく、淡々としゃべる監督なんですけど、チームの調子がいいときは、すごく言葉もなめらか。そして、どんどん横文字が増えてきて、ルー大柴さんじゃないですけど(笑)、横文字を連発してきますね

 そう話すのは、ガンバ大阪の番記者を長年務めたサッカーライターの下薗昌記さん。西野監督の性格は、基本的にクールでまじめだという。

「大阪へ来たときに、“大阪のノリを勉強しなきゃいけないから『吉本新喜劇』を見に行った”と言っていました。でも自分から笑いをとるというような人ではないですね」(下薗さん、以下同)

 さまざまなサッカー関係者に西野監督の話を聞いて出てくるのは、“とにかくモテる”ということ。

「自分でも“よくモテた”というのは公言していましたね。

“ハンカチ王子”こと野球の斎藤佑樹選手が早稲田大学に入って騒がれていたころ、西野さんに彼の話をしたら、“俺のときはあんなもんじゃなかったぞ”って。笑いを取ろうとかそういうことではなく、真顔で言ってました(笑)