体液などが染みついた部分をはがすスタッフ。清掃後はにおいが消えた

「この季節に1か月も放置されていたから、かなり腐乱しているだろうね。ハエも湧いているだろうし、ドロドロになり、一部は白骨化しているかもしれないな」

 そう話すのは、清掃会社『まごのて』の佐々木久史社長だ。同社はゴミ屋敷や死体が発見された部屋の清掃を請け負う。千葉県の住宅街で行った孤独死の清掃に同行した。

腐った頭皮ごとずり落ちる髪の毛

 5月初旬に遺体で発見されたのは70歳の男性だ。

 アパートのドアはナンバー式のカギで、亡くなった本人にしか番号がわからない。そのため警察は窓ガラスを割って中に入っていた。

 同様に窓から入ろうとしたが、ゾッとする光景が。窓に無数のハエがとまっているのだ。窓を開け殺虫剤を散布して部屋に入ると、直後にズンと脳に直接響く、腐った魚のようなにおいが鼻をつく。死臭だ。思わずむせた。

電気が通っていないので霧吹きで室内を消毒。普段は電動噴霧器を使用

「何回現場に入ってもこのにおいだけは慣れないんだよ。買い置きの食材も腐っている。遺体からだけでなく、そこからもハエは湧いたみたいだね」

 と佐々木社長は苦い顔だ。

 室内を飛び回るハエに殺虫剤の散布を続けハエがいなくなったところでスタッフが防護服を着込み、ガスマスクを装着して清掃の作業に入った。

 遺体はすでに警察によって搬出されていたが、男性はどうやら玄関に向かうように倒れて亡くなったようだ。病気で苦しくなり外に出ようとしたのか、風呂場と玄関には吐血した痕が残っていた。倒れていた廊下には髪の毛がごっそりと落ちていた。

 髪の毛は頭蓋骨にのっかっているだけなので、死後しばらくすると腐った頭皮ごとずり落ちるそうだ。警察が遺体として回収しなかった手足の小さな骨などは、遺体としてではなく、専門の廃棄物処分場で処理される。

「警察から死因は不明と聞いている。ただ感染症の可能性もあるからしっかり除菌しないといけないんだよ」