安藤サクラ 撮影/佐藤靖彦

お話をいただいたとき、本当にびっくりしました。是枝監督の作品は、すごく生々しいけど、美しい女性の方が演じられているイメージがあったので、“え? わ、私!?”って(笑)

 カンヌ国際映画祭にて、最高賞であるパルムドール賞を受賞した映画『万引き家族』(TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開中)。安藤サクラ(32)は母親として、妻として、家族を支える柴田信代を演じる。

「ずっと信頼していて、可愛がってくださっている先輩方が、是枝監督の作品によく参加されている方が多くて。私もついに、是枝組の現場に入ることができるのかと、とても楽しみにしていました」

 実際に撮影が始まり、“是枝組”の独特の空気を肌で感じたと語る。

普段の撮影は、カチンコが鳴ったら急に空気の粒子が変化して、異空間にいるような感覚になるんです。でもそれが今回、全然なくて。川で獲ったお魚を、水道水の入った水槽にドボンッて入れるのではなく、川の環境をそのまま水槽に移したような感じに似ていて。普段生活している呼吸のリズムのまま、撮影に臨めるんです。だから私は、ごちゃごちゃ考えすぎるのではなく、ただひたすらに毎日おおらかな気持ちで、現場へ“家族”に会いに行っていただけな気がします」

 完成した作品を安藤自身も見て、「見ている側も家族の一員になったかのような感覚になる」と話す。

「ほかの映画を見ても、だいたいセリフをしゃべっている人が、画面に映りますよね。でもこの作品は、しゃべっている人でも、それを聞いている人でもない人が映されていたりするんです。演じている側からすると“あ、次私しゃべんなきゃ”とか必死になっている姿が映っていなくて、半分ホッとしたり。でもだからこそ、映画を客観的に見ている人も、彼らの会話の中に入っているかのような感覚になれるのかなと」