デビュー15周年を記念し、6月27日にベストアルバム『川嶋あい 15th Anniversary BEST』をリリースする川嶋あい。代々木公園での弾き語りライブから始まり、今や日本を代表する女性シンガーソングライターのひとりになった彼女だが、そこに至るまでのストーリーにはどんな出逢いや別れ、葛藤があったのか本人に話を伺った。

川嶋あい 撮影/森田晃博

──今作で15年をあらためて振り返り、どんな感慨を持たれましたか?

 本当にいろんな方と出逢って、いろんな経験をさせていただいた15年だったなと感じました。あと、10代のときは自分の内側の歌が多かったけど、20代になるとだんだん外に開いていった感覚があって、いろんな音楽的アプローチとか挑戦もするようになって。

 でも書き方は本当に変わっていないと思います。70〜80年代の歌謡曲が好きで育ってきました。歌詞先(かしせん)と思われているけど、メロディーにいちばん合致する言葉を探してきた。それは自己流なのかなと思いますね。

──15年ものあいだ歌い続けてこれた要因は何だと思いますか?

 出逢い。スタッフのみんなと路上で出逢えなかったら今の私はないですし、やっぱり人に救われて生きてきたんですよね。母がそばにいて私の夢を応援してくれたから「この人の想いに応えたい」と思って頑張り続けることができましたし、その母が亡くなってからはスタッフのみんなが「こんなに温かく自分のことをサポートしてくれるのか」と思うぐらい応援してくれましたし、「この人たちのために恩返しがしたい、だったら自分は歌い続けなきゃいけない」と思えた。

「10年はあっという間でしたが、15年は長く感じます」 撮影/森田晃博

──歌を始めることになったきっかけはお母さん?

 そうですね。母は私を児童養護施設から引き取ってくれたんですけど、私は「施設に帰りたい」とわんわん泣いていたみたいなんです。その後も、知らない人がいるだけで泣く、母から離れたくなくて幼稚園も行けない、それぐらい泣き虫で人見知りな女の子でした。母もそれまで子供を育てたことがなかったので、どうしたらいいのかわからなくて知り合いの音楽教室の先生に相談して、「じゃあ、歌で何とかしましょう」となったんです。それで地元の大会とか発表会に出るようになった。

 あと、歌うと私がすごく笑顔になったので、母は「この子に歌を続けさせよう」と思って、「あなたは歌手になるけんね」と言い続けていたんです。私も歌うと母が喜んでくれるから「将来は歌手になる」と思っていて。なので、歌が私の心も母の心も開かせて結びつかせてくれたんです。

──そのお母さんが亡くなったあとは、スタッフのみんなが支えになってくれた?

 なってくれました。そのスタッフの中にI WiSHのnaoさんがいたんですけど、運命の出逢いだと思いました。お互いの考えていることが手に取るようにわかりますし、音楽的な相性もnaoさん以上に合う人はいないと確信できるぐらい、すべてが合致しているんですよね。母以外に初めてそういう人と出逢えた。

 他のスタッフもそうなんですけど、一緒にいると明るい気持ちにさせてくれる。母が亡くなってからは、私の絶望感を何とかして取り払って、孤独感を埋めようとしてくれていて、とにかくずっと一緒にいてくれたんです。その中でいつの間にか家族になっていた。みんながいなかったら天涯孤独になっていたわけで、この出逢いは奇跡的だなと思います。