実は夏に売れています! 意外なモノとは?

 夏に消費するものといえば冷やし中華、エアコン、暑さ対策グッズ……が思いつくけど、夏とは無縁では? と想像しにくい商品が意外にも売れているんです。その理由を直撃しました!

ウール靴下

吸湿性・放湿性がムレやにおいを抑えてビジネスマンに人気

 ウール=羊毛といえば暖かさや冬の素材をイメージするが、実は吸湿性や放湿性に優れた天然繊維で、その特長を生かした靴下が足下のムレやにおいが気になる梅雨時から夏にかけて売れている。

 靴下メーカーの岡本は、男性用ビジネスソックスとして独自開発したウール糸を使った消臭靴下『SUPER SOX』を2004年に発売。

 公式販売サイトにおける昨年の販売数は、前年比116%。現在、累計販売1100万足を超えるロングセラー商品だ。

汗ばむ季節に足下のにおいやムレを抑える『SUPER SOX』

「購入傾向は気温が高くなる春ごろから増加し、汗ばむ夏が本格到来する前の購入が目立ちます。

 湿度が高くなる梅雨時期から汗をかきやすくなる夏にかけて、足下のムレ対策として『SUPER SOX』を着用されているお客様が多いのではないかと考えています」(岡本株式会社広報・大塚美和さん、以下同)

 同製品は、同社の実証実験では綿混ソックスよりも吸湿性、放湿性ともに高く、細菌の増殖が少ないことが確認されている。

「ビジネスシーンの服装など生活者のスタイルは変化してきています。例えば、男性の服のスタイルに合わせてはかれる靴下の長さが短くなってきている傾向があります。その状況下でも悩みとしては変わらず“におい”“ムレ”が上位にあり、生活者のニーズを正しく理解しながら商品の開発、改良を進めていく必要があると考えています」

 パートナーの足下が気になっている方は、プレゼントしてみてはいかが?

塩こんぶ

山梨県で大量購入&ミネラル補給に

 おにぎりの具やお弁当のおかずにも便利な“ごはんのおとも”塩こんぶが、夏場に需要が高くなる背景について、『ふじっ子』でおなじみのフジッコ株式会社の担当者はこう語る。

『減塩ふじっ子塩こんぶ』2018年夏パッケージ

「ひとつは、野菜と塩こんぶで作る浅漬けの材料としての需要が高まること。特に、山梨県では“青梅の塩こんぶ漬け”が、その土地の食習慣としてあり、『ふじっ子塩こんぶ』が大量購入されています。もうひとつは、汗をかいたときのミネラル(塩分)補給として活用されています」

 同社によると、ここ7~8年で塩こんぶの調味料用途として認知が高まっているが、古くから地域によっては夏に向けて浅漬け用に使われていて、ごはん需要としては夏の食欲減退期にお茶漬けのトッピングとして食べられていたという。

 また、塩こんぶの季節指数では6月~8月は月平均の110%~116%(2017年1月〜12月)と高く、今年1月~5月のフジッコ累計出荷実績の前年比は、数量で約103%、金額で約110%と伸長している。

抹茶アイスとのコラボスイーツ

 消費者からの「夏向けの塩こんぶメニューが知りたい」という要望を受け、6月上旬から7月末にかけて商品パッケージに“梅きゅうり和え”“塩こんぶ焼きそば”が掲載されている。

 同社では、汗をかいたときのミネラル補給としての価値を広めるためプロジェクトを立ち上げ、スポーツチームや中高生の部活動に『減塩ふじっ子塩こんぶ』を提供。さらに冬はぜんざいなどの箸休めとして添えられているが、夏は抹茶アイスや凍らせた果物と組み合わせるスタイルを提案し、需要をさらに高めていきたいという。