上川一哉 撮影/森田晃博

 もしもシェイクスピアが『ロミオとジュリエット』を執筆した背景に、彼自身の恋があったとしたら? エリザベス朝時代の英国演劇界を舞台に、創意あふれる「もしも」の物語を描いた映画『恋におちたシェイクスピア』。20年前にアカデミー賞7部門に輝いたこの映画が、英国で舞台化された。その脚本を用いて、新演出で上演するのは劇団四季。若き日のシェイクスピア=ウィルを演じる上川一哉さんは、「シェイクスピアのファンはもちろんですが、若いお客様にも素直に楽しんでいただける舞台になると思います」とニッコリ。

「とにかくストーリーの運び方が、すごく面白いんです。映画を見たときは、先が読めなくてワクワクすると同時に“これをどのように舞台化するのだろう?”と興味をそそられました。『ロミオとジュリエット』だけではなく、シェイクスピア作品の有名なセリフが随所に出てくるんですが、詩的な表現がうまくストーリーにはまっていて。稽古をしながらも“うわぁ、おしゃれだなぁ!”と日々、改めて感じています」

 この作品に登場するウィルは、天才劇作家ウィリアム・シェイクスピアの一般的なイメージとは大きく違う、血気盛んな若者だ。

シェイクスピアは天才劇作家というイメージがあり、理解しがたい部分がたくさんあるんじゃないかと思っていたのですが、この作品のウィルは等身大の若者として描かれています。スランプに陥っているときにヴァイオラという女性と出会い、その恋を原動力として名作を生み出す彼は、すごく若々しくてエネルギッシュ。何をやっても書けないスランプの状態から始まるので、最初は“陰”の印象が強かったのですが、彼自身は“陽”の人間。しかも、ちょっと“テキトーさ”もあったりするとわかって、“あ、意外に自分と近いところもあるんだな”と思えました(笑)」

 上川さんにとってウィルは「うらやましい、自分もこうありたい」と思わせてくれる存在でもあるという。

「彼は“パチン”とはまったときの直感力というものを大切にしているんですが、僕はけっこう優柔不断で(笑)。なかなか直感を信じることができないんです。でも、実際は自分の直感を信じたことがベストな結果を呼ぶことも多いので、ウィルみたいに“よし、これだ!”と決断して行動できたらな、と思いますね」