左から池松壮亮、満島真之介 撮影/高梨俊浩

池松「監督の松居(大悟)さんとは、僕が20歳くらいのときに初めてお会いして。ずっと“オリジナルの映画を作りたい”とおっしゃっていた中、いよいよ“オリジナル作品で、尾崎豊役を演じてほしい”ということで今回、声をかけていただいて。僕もつい、その場で“やりたい”って言っちゃったんです。でも実際は全然、尾崎さんの映画じゃなかったんですけどね(笑)」

満島「僕もまさかのブラピ役です。ブラッド・ピット本人も演じたことがない役をやらせていただけたということで、世界初の挑戦ではないでしょうか(笑)。でも最近は、オリジナル作品となかなか出会えない中、自分で脚本を書いて、責任を持ってひとつの作品を作り上げる松居さんに出会えて、本当にうれしかったです」

 映画『君が君で君だ』(7月7日[土]七夕全国公開)で、尾崎豊を池松壮亮(27)が、ブラッド・ピットを満島真之介(29)が演じる。

 男3人が惚れてしまった、1人の女の子・通称“姫”(キム・コッピ)が好きだと言った尾崎豊、ブラピ、坂本龍馬の3人に、自分の本当の名前を捨ててまでなりきる男たち。愛する姫を10年見守り続け、不器用だけどまっすぐで、それでもやっぱり不器用すぎる男たちの日々を描く。

池松「今回、満島さんとは初めて共演させていただいたんです。でも実は、フットサルを一緒にやったことがあって。仕事場よりも、そっちで会う機会のほうが多かったんです。だから今回、ようやくお芝居でご一緒できて幸せでした」

満島「僕も、池松くんのことが大好きすぎて。だから今日は、ひさびさに会えたのがうれしくてうれしくて、取材どころじゃないです(笑)。池松くんに話したいことがたくさんありすぎる!」