鈴木拡樹 撮影/佐藤靖彦

 名だたる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成していくPCブラウザ・スマホアプリゲーム『刀剣乱舞─ONLINE─』。全国に刀剣ブームを巻き起こしている大人気コンテンツの舞台版である舞台『刀剣乱舞』は、’16年の第1弾公演以来、人気を博している。

 その最新作、舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰が現在、上演中だ。残す東京での公演を前にシリーズ1作目から三日月宗近役を演じ今作でも座長を務める鈴木拡樹さんが、舞台『刀剣乱舞』への思いや見どころなどを語ってくれた。

刀剣男士たちの歩み方を愛してもらいたい

「毎回、戦い続ける座組をテーマにやっていますが、今作は55公演という長い戦いなので、キャストみんなで協力して乗り切らないとやりきることができないと思って、稽古(けいこ)から取り組んできました。刀を題材にしている作品ですから殺陣(たて)もたくさん入ってくるので、体力的にも激しい消耗をするやりとりも多いですし、ケガのリスクとも戦いつつ身体のケアの仕方などをみんなで共有しながら、常に全員がお互いのことを意識しながらやっています」

「刀ステ」シリーズの集大成と言われている今作は、見どころも満載だ。

「集大成といっていいと思います。シリーズでやってきた意味がすごくある作品になったなと感じています。今回の6作目をやることによって、すべてのピースがそろうというか。抽象的な言い方ですけど。この作品は殺陣はもちろん注目してほしいのですが、僕は舞台『刀剣乱舞』ならではの本丸(※刀剣男士たちの本拠地となる施設を指す呼称)の刀剣男士たちみんなの歩み方を愛してもらいたいと思っているので、戦いのシーン以外でも、それぞれのキャラクターをつかんでほしいなと思いますね。ひとりひとりが濃くて愛すべきところもたくさん持っているので」

 鈴木さん演じる三日月宗近も今作の物語の重要なカギを握る存在。

「三日月は今まで描いてきた作品のなかに、すごくたくさんの伏線を置いてきているんですね。それを回収し続けるのが今作だと思います。なので今まで見てきてくださった方には、“あのとき、なんか違和感あるなと思っていたけど、こういうことにつながるんだ”っていう、発見にしてもらいたいですし。今回初めて見る方にとっては、今作で気になった部分は実は前作に含まれていたりするので、DVDを見たくなるような作品になっているんじゃないかとも思います。もちろん、どちらでも楽しんでいただけると思いますよ(笑)」