加藤剛さん(享年80)

「見つけにくい病気で、今年の3月に判明したばかり。2月までは元気に仕事をしていたんです。だから、こんなに早く逝ってしまうとは思いませんでした……」

 そう語るのは、加藤剛さん(享年80)の長男・夏原諒(43)。加藤さんは6月18日に胆のうがんで亡くなっていたことがわかった。葬儀は家族だけで行ったという。

「父は目立ったことが好きではなく、家族葬にしてほしいという意向だったんです。病気がわかってからも弱音を吐くことはなく、微笑むように逝きました。息子の僕が言うのもなんですが、心から尊敬できる人でした」(諒)

皆が絶賛する「デキる男」ぶり

 加藤さんは早稲田大学在学中の'60年に俳優座の養成所に入団。'62年に放送された『人間の條件』(TBS系)の主人公役で注目された。

'70年からは約30年にわたり『大岡越前』(TBS系)で主演を務め、国民的スターになりました。私生活では'68年に女優の伊藤牧子さんと結婚。長男の諒さんと次男の加藤頼さんの2人の子どもは、いずれも俳優の道を歩んでいます。'01年に紫綬褒章、'08年には旭日小綬章を受章しています」(スポーツ紙記者)

 '74年に公開された映画『砂の器』では、暗い過去に苦悩して殺人を犯す天才作曲家の役を演じ切った。

 そのときに宣伝を担当していたのが、芸能レポーターの石川敏男氏である。

「僕は当時、宣伝部の助手だったので、宣伝のキャンペーンをお願いすることが多かったんです。10歳も年下の僕に対して、何でも“はい、はい”と聞いてくれましたね。決してイヤだとは言いませんでした。どんなに忙しくても、きちんと人の話を聞く方でしたよ

'05年7月には、『砂の器』のデジタルリマスター版の舞台挨拶で故・丹波哲郎さん(左)と並んだ