諒が成人した後も、加藤さんが訪ねてくることがあったという。

「10数年前に独立してひとり暮らしをしていたときに、父がやってきました。普段は買い物をしない人なのに、スーパーの袋をぶら下げていたんです。どうしたのか聞くと、“めずらしいものがあったから買ってきたよ”と。何だろうと思って開けてみたら、ペヤングのカップ焼きそばが入っていました。

 “これは焼かないのに焼きそばができるらしいんだ。おもしろいからちょっと一緒に食ってみよう”と言うんです。“めずらしくないよ”とは言いにくくて、“ああ、そうなんだね”と2人でしみじみと食べましたね(笑)」(諒)

 二枚目で、非の打ちどころがないイメージの強い加藤さんだったが、お茶目な一面もあったようだ。

父のおかげで初心を忘れずにいられる

 ただ、仕事に関しては、人に影響を与えることも多かった。加藤さんと同じ事務所に所属し、現在も俳優として活躍している次男の頼(38)も彼の影響を受けたうちのひとりだ。

週刊女性の取材に答える次男の加藤頼。長男共々、父によく似た顔立ち
すべての写真を見る

「父は家で稽古をすることもあったので、子守歌がわりに、その光景を目や耳で触れていました。幸せなことに父と同じ劇団に入ったので、親子の役や同一人物の若いころの役と現在の役を2人で分けて演じることもできました。

 仕事を始めた当初は、父に似ていると言われることがイヤだったこともありました。でも、どうせ同じ職業に就くなら、同じところで挑戦したいという思いがあったんですよ

 親子で共演し、父の背中を間近で見たことで学ぶことも多かったという。

実績に満足してしまって、向上心がなくなってしまう人が多い中、常に自分のやっていることに疑問を持ち続け、今日よりも明日をもっとよくしようと努力していました。そのおかげで、私も今日まで初心を忘れずにいられましたね。

 父は、私に本番や稽古のときも、一緒に舞台を成功させるための役者仲間として接してくれました。アドバイスをするときも、後輩で息子である私が相手でも、上からああしろ、こうしろと言うことはありませんでした」(頼)

 諒も、父親から受け取った言葉を心に刻んでいるという。

「父はいつも、“人のために涙を流せる人間になりなさい”と言っていました。俳優としての実績では比較になりませんが、この部分は引き継いでいきたいですね」

 加藤さんは、自分の教えを引き継いだ2人の息子がさらに成長していくことを願っているだろう。