仙道敦子 撮影/高梨俊浩

情報解禁前にママ友に“女優復帰することになったの”と伝えていたんです。でも、なかなか発表されなかったので、“復帰するって話は妄想なんでしょう?”って心配されていました(笑)

 放送中のドラマ『この世界の片隅に』(TBS系、日曜夜9時〜)で23年ぶりに女優復帰を果たした仙道敦子。’93年に俳優の緒形直人と結婚して以降は休業状態だった。

「去年の暮れに昔からの知り合いの方にオーディションを受けてみないか? と誘われたんです。結局、その作品のお話はなくなってしまったのですが、オーディションを受けたことで、やっぱりお芝居が好きなんだと実感して。

 それで家族に相談したところ、“やってみたら”と背中を押されたので、事務所にご挨拶に行き話をしたら、“ぜひやりましょう”と言ってもらったんです。

 そこからマネージャーがTBSに話をしに行ったところ、“実は『この世界の片隅に』の母親役を探しているところなんです”とトントン拍子にお話が進んでいって。映画版を見ていて、素敵な作品だなと思っていましたし、(土井裕泰)監督も昔からお世話になっている方だったので、引き受けさせていただきました」

 長らく活動していなかったのも、明確な意図があったわけではないと笑う。

「私の中で優先しなくてはいけないことを優先していったら、こうなっていたという感じなんです。だから演技のお仕事は23年ぶりなんだと思うと、自分でもビックリですね」

ママ友からのたくさんの刺激

仙道敦子 撮影/高梨俊浩

子育ての中で知り合ったママ友からは、たくさん刺激を受けました。本当、徒歩圏内にこんな気の合う人たちが住んでいたことが奇跡だと思うぐらい。趣味に長けている友人が多く、すすめられてミシンを買ったらモノを作ることにすっかりハマってしまいましたね。初めて趣味らしい趣味ができました」

 女優を休んでいた時期も、そんなママ友たちからすすめられた作品などはこまめにチェックしていたとか。

「チェックというか、普通に話題の作品には飛びついていました(笑)。女優としての視点ではなく、いち視聴者として楽しんでいましたね。なので今回、松坂桃李さんとお会いしたときも、いつもテレビで見ていたので、“本当に実在するんだ!”と感動しちゃいました(笑)」