お母さんのシンシンが食べている竹に興味津々のシャンシャン。“竹食”生活もそろそろか? 写真提供/毎日パンダ

 上野動物園生まれの赤ちゃんパンダ、シャンシャン(香香)は、6月12日に1歳の誕生日を迎えた。いまなおフィーバーは続いているけれど、それ以前から、上野動物園に日参してパンダの魅力を発信し続ける人がいる。人気ブログ『毎日パンダ』を運営する高氏貴博さんだ。

「シャンシャンの両親であるリーリーとシンシンが来日したのは2011年。仕事の合間に、軽い気持ちで入園したところ、最初に目に飛び込んできたのが鏡餅のようなお尻。“あのでっかいお尻は何なんだ!?”と衝撃を受けました」

 そして、仕事で使っていたカメラを持ち出し、毎日撮り続けることを決意したのが『毎日パンダ』の始まりだ。以来、1日も欠かさずパンダ舎に通っている。

「丸くてフワフワしたものが好きなんです。昔はウサギを飼っていたり、北海道のマリモを育てたりしました。パンダは丸くてフワフワそのもの。ガツガツしたところがなく、顔も動きも、その姿も、平和でユルくて大好きです

 そんなパンダウォッチャーの第一人者に、シャンシャンらパンダファミリーの暮らしぶりを聞いてみた。

「1日中、寝て起きてを繰り返すだけの“食っちゃ寝”生活そのものです。それでも、朝と夕方は比較的活発に動くので、動いているパンダを見たいならこの時間が狙い目です」