今年でデビュー40周年を迎えるサザン。来年はツアーも開催する

「“あっこちゃん”が7月17日に亡くなりました。桑田佳祐さんの従兄弟のMさんのことです。茅ヶ崎で経営していた『あっこちゃんち』という焼き肉店は、サザンオールスターズのファンにとって聖地のような存在になっていたんです」(芸能プロ関係者)

 12年前にオープンし、周年祝いには桑田本人から花束が届くことから従兄弟の店であることが知られるようになり、多くのサザンファンが訪れた。7月23日に行われたMさんの葬儀には、実に500人以上の人が参列したという。

お葬式には中に入り切れない人がたくさんいて、会場の外にも長い列ができていましたよ。桑田さんと原由子さん夫妻は親族席にいらっしゃいました。

 おふたりは信じられないといった感じで悲痛な面持ちでしたが、私たちに向かって深々と頭を下げてくれたんです。私たちがあっこちゃんにお世話になっていて感謝しかないのに、そんなことをしていただけるなんて……」(参列した女性)

Mさんの葬儀が行われた『茅ヶ崎市斎場』には多くの人が集まった

 突然の訃報だったが、予兆はあったという。

「以前は火曜定休だったのが、このところ月曜から水曜まで休んでいたからね。奥さんが彼の看病をしていたんでしょう。まだ若いのに残念だよ」(常連客)

 地元の人に親しまれていた店で、悲しみの声が広がっている。

「誰に対しても分け隔てなく、丁寧な言葉遣いで接してくださいました。笑顔の素敵なママさんと二人三脚で、お店はいつもにぎわっていましたね。お店は奥さんと息子さんで続けていかれるそうなので、これからもまた彼を偲んでたくさんのファンがお店に通うと思いますよ」(同・常連客)

 店の隣の駐車場では、サザンのコピーバンドのライブをよくやっていたという。

Mさんが経営していた焼き肉店『あっこちゃんち』

「ファンの集まりがあるときは夜までガヤガヤしていることもあったけど、午後10時には店が閉まるから近所迷惑ではなかったね。Mさんが話していると、桑田さんと間違えてしまうくらい声がそっくりでした。一族の血なんだなと思いましたよ(笑)」(近所の70代女性)

 Mさんは弁護士の父を持ち、3人きょうだいの次男だった。

兄貴は警察官で、本人は弁護士になりたかったようだね。結局、夢はかなわずデパートに勤めていたよ。焼き肉店を始めたのは60歳を過ぎてから。大学時代はアメフトをやっていたね。

 空手も強かったから、地元の道場で子どもたちに教えていたんだよ。だから強い男の優しさがあったね。温厚で親しみやすいキャラだったから、客にも愛されていた。焼き肉店の仕事は毎日楽しそうだったよ」(Mさんの同級生)

 年は10歳離れていたが、Mさんと桑田は仲がよかった。

「Mさんは、桑田さんのお母さんの姉の子ども。家は自転車で行ける距離だったので、子どものころからよく遊んであげていたみたいです。桑田さんにとっては“いとしの兄”という存在だったようですね」(Mさんの知人)

 Mさんと長らく親交のあったミュージシャン・井手隊長は、幼少期にはこんな思い出もあったと語る。