デビューから9年。韓国ドラマ、特にロマンティック・コメディ作品には欠かせない存在となったヨン・ウジン。本国では“ラブコメのプロ”と呼ばれる彼の魅力がふんだんに発揮されているのがドラマ『内省的なボス』。彼が演じるのは、広告業界のトップに輝くブレイン広告の最高経営責任者でありながら、一日中部屋に引きこもり正体を現さないウン・ファンギ。ファンギのもとに、彼とは真逆で超社交的な女性新入社員チェ・ロウン(パク・ヘス)が現れる。ロウンには、ある目的があって……。

ヨン・ウジン 撮影/佐藤靖彦 ※アザーカットは写真ページにあります

──仕事では誰にも負けない才能を発揮するものの、人とコミュニケーションをとることに関しては消極的なファンギの魅力を教えてください。

「最初、ファンギは融通のきかないとても難しい人だと思いました。でも、ストーリーが進んでいくうちに彼の内面にある長所が見えてきます。演じていて思ったのが、もしかしたら内向きの人のほうが、日ごろから感情を表現できる人よりも相手を思う気持ちが強いのかもしれない、周囲の人を包み込む包容力があるのかもしれないということ。そんなファンギの内面が見えてくると、彼を愛さずにはいられなくなると思います」

──ウジンさんご自身にも内向的な部分がありますか?

「みなさん、多かれ少なかれそういった部分を持っていますよね。演技をすることで少しずつ変わってきたのですが、僕自身も学生のころは人見知りで内向的な性格だったんです。なので、ファンギを演じるときに当時の自分を思い浮かべました。どうやって友達とコミュニケーションをとっていたかな? とか、家族とはどんなふうに過ごしていたかな? と」

──どんな学生でしたか?

「いまでもよく会う友人が10人ほどいます。みんな高校からの仲。あのころは、彼らとつねに一緒にいました。ほかの友人を作るのが難しいくらい(笑)。それに、ひとりでいるのも好きだったんです。授業が終わって、みんなが学校で自習をしているときも、僕は自宅に帰って、自分の部屋で勉強していました。ほかにも、ひとりで映画を見に行ったりもしましたね。それは、父の影響でもあって、絵を描くのが好きな父は、家族をよく山や海に連れて行ってくれたんです。行った先で父が絵を描いているとき、僕はひとりで海や山を見ていました

──演技をするようになって性格が変わったとおっしゃっていましたが、いまは?

「仕事を通して、人とコミュニケーションをとることがいかに大切かを学びました。以前よりも人の話をよく聞き、相手の生活を理解しようと努力するようになったんです。そうすることで、前より内向的ではなくなったと思います。そんなふうに自分自身が変わっていくことも、演技をする楽しみなのかもしれませんね。最近は、自分から話すよりも、相手の話を聞くのが楽しくて。それが、悩み相談でも(笑)」

──よく、相談を受けるんですか?

「ええ、僕の周りには話をしてくれる人が多いんです。それと、僕がかなり現実的なアドバイスをするようで、連絡をくれるみたいです」