1個でお腹いっぱいになる『豚まん』は170円。カラシも自家製

 1日に、なんと17万個が売れる『551蓬莱』の『豚まん』。関西以外ではテークアウト専門店だと思っている人も多いが、大阪府内の3店は、本格中華レストランとして店を構えている。

『豚まん』創業価格は10円

「『海鮮焼そば』や甘酢を使った料理はすごく人気です。『小籠包』や『叉焼まん』、あんまんは、戎橋本店でしか(温かい状態で)提供していません」

 とは、営業部の八田実紀さん。さらに、空港や百貨店内などの14店舗にはカウンターが併設され、豚まんはもちろん、レストランで人気の麺物や飯物などがメニューに並んでいる。

「創業は昭和20年10月。終戦のわずか2か月後です」

なんば駅徒歩1分の戎橋本店

 羅邦強(ロー・パンチャン)前会長が台湾出身の仲間2人とともに、大阪・戎橋でオープンさせた『蓬莱食堂』が前身。食糧難の中、ひと皿10円のカレーが評判になるも、その人気が陰り始め、新メニューを模索する。安くて、おいしくて、お腹いっぱいになるものーー。ある日、羅氏が仕入れのため神戸・元町を訪れると、饅頭が売られていた。

「“これだ!”と。饅頭は自分が故郷で食べていたもの。大阪の人の口に合うようにアレンジし、『豚まん』として10円で売り始めたのが、2年目の昭和21年です」

 これが徐々に評判に。2度の火事に見舞われるも、2週間後には店を開けていたというパワフルさ。1957年には心斎橋のそごう(現・大丸)に出張売店をオープン。軌道に乗ったタイミングで3人は『蓬莱』『蓬莱本館』『蓬莱別館』の3店に分かれたという。