市川染五郎 撮影/伊藤和幸

 今年1月、高麗屋にとって37年ぶりとなる2代にわたる親子孫の3代同時襲名で、『八代目市川染五郎』となった弱冠13歳の少年。13歳にしては、あまりに大人らしく、落ち着いた佇まいと美しさに、息をのむ。しかし、話し始めると、まだ13歳のあどけなさが垣間見え、そのギャップに、誰もが心奪われるに違いない━━。

襲名してから、心境の変化

「父(十代目松本幸四郎)も言っていたのですが、名前が変わったからといって、急にうまくできるようになるわけではないので、気持ち的にはそれほど変わっていません。1月歌舞伎座の襲名披露演目『勧進帳』で義経を演じたときは、人生でいちばん緊張しました。“あんな未熟な義経をお見せしてしまって、申し訳ない”という気持ちでいっぱいです」

本番前、緊張をやわらげるための習慣

「単純なことなのですが、大きく深呼吸をすることです。ちなみに祖父(二代目松本白鸚)は毎回、塩をまくんです。かなりの量をまくので、祖父の後に出番を待って座っていたりすると、足の裏に塩がつくんです。だから、もう少し量を減らしてほしいなって……(笑)」

セリフの覚え方

「ひたすらに読みます。覚えた後に、気持ちを乗せていくような感覚で。ただ、義経を演じた『勧進帳』は、昔から何度も何度も見ているので、だいたいのセリフは入っていました」