左から上田慎一郎監督、主演の濱津隆之 撮影/森田晃博

 この夏、日本映画界に革命を起こしたといっても過言ではない、映画『カメラを止めるな!』の勢いが止まらない。6月23日公開時は東京都内のミニシアター2館のみだったが、SNSや口コミで話題を呼び、47都道府県180館以上で拡大公開されることに。

 製作費はわずか300万円。商業用作品は初めての新人監督と新人俳優たちによる、低予算ゾンビサバイバル作品にもかかわらず、大作がそろう夏の全国映画動員ランキングでベスト10入りする快挙を成し遂げたのだ。

 8月16日現在で、動員数は40万人超え。そこで異例ずくめの同作品でメガホンを取った上田慎一郎監督(34)と主演を務めた濱津隆之(36)に取材を決行! 実は2人はこの作品にたどり着くまで、紆余(うよ)曲折があったそう。

濱津もともと吉本の養成所(NSC東京校11期)に通い、養成所時代に知り合った人とコンビを組んで1年ほど芸人活動をしていました。活動はというと、シアターDという100人ほど入る劇場にたまに立つぐらい。もともと’80~’90年代のヒップホップが好きだったこともあり、音楽の世界への未練が捨てきれないことや、先のことをひとりで考えすぎて生き急いでしまった結果、芸人は辞めることに。それでDJ活動を始めたのですが、そっちも長くは続きませんでしたね

上田今でもかなりポジティブな性格ですが、20代のころはポジティブの塊みたいな人間で。当時流行(はや)っていたmixiの岡本太郎コミュニティなどに『岡本太郎を超える!』といった書き込みをするなど、自信しかなかった(笑)。それで地元(滋賀)からヒッチハイクで上京したのですが、20~25歳ぐらいまでは悪い大人たちに騙されまくりでした。ネズミ講で200万借金したかと思えば、自費出版の誘いにそそのかされてまた200万借金をして……。それで一時は、代々木公園でホームレスをしていたほど

 しかしそんな遠回りをしてきたからこそ、この作品を撮れたと語る。

上田この作品はワークショップに参加した人の中から不器用そうな人たちを選抜したので、出演者は何かに挫折した人が多いと思います。目標に対してまっすぐ進めない……それは僕を含めてですけど(笑)」

濱津「DJを辞めたあと、この先何をやろうかと考えたときに、芸人時代にコントで役になりきることの楽しさを思い出して、役者の道に進みました。いろいろ挫折したからこそ、本当にやりたいことが見えたような気はします

上田「プロデューサー役の竹原芳子さんという方は、少し前まで大阪で裁判所勤務をしていて、演技は今回が初めて。経験は浅い人たちばかりだけど、だからこそ出せるパワーはすごくあるなと思います