事件現場。容疑者は写真右スペースでUターンする車を威嚇していた

「現場検証で警察が凶器のナイフを探しているとき、逮捕された男はニヤニヤと笑いながら、アパートの前に座ってその様子を見ていました。連行時は周辺のヤジ馬をずっとにらみつけていました。いずれは帰ってくるって考えると怖いです」

 事件現場近くの女性住民は、声を震わせながらそう話す。

当時少年Cだった男の素顔

 連行された男は、埼玉県川口市東内野在住の無職・湊伸治容疑者(45)。逮捕容疑は殺人未遂。8月19日の夕方、自宅アパートの駐車場で事件は起きた。

「駐車場に関するトラブルから口論になり、犯人が自家用車から警棒とナイフを取り出し、32歳男性の右肩を殴ったうえ首を折りたたみ式ナイフで刺しました。警棒は金属製で3段式のもの。ナイフは刃渡り8センチ、全長19センチのもの」

 と捜査関係者。男が争う声に驚いたという近隣男性が、そのときの状況を伝える。

「網戸にしていたら、すごい声が聞こえてきたんです。“てめぇこのやろう”って。そのうちボンボンと車を叩く音が聞こえてきて、気になったので外に出ました。

 そうしたら男が被害男性に馬乗りになって、殴り合っていました。2人とも地べたに寝そべってもみ合っている感じで、何を言っているのかわかりませんが、逮捕された男が一方的に怒鳴っている感じでした

 首を切りつけられた被害者は、一緒にいた知人に止血されながら110番通報した。

 逮捕された湊容疑者の来歴がほどなく明らかになると、周辺住民に戦慄が走った。

 今から約30年前、東京都足立区で起きた『女子高生コンクリート詰め殺人事件』。

 1988年11月、アルバイト帰りの女子高校生(当時17歳)を4人の少年が誘拐し、監禁。40日以上にわたり暴力と陵辱の限りを尽くし、死に至らしめた事件。

 少年らは少女を輪姦し、殴る蹴るなど凄惨なリンチ、さらに少女の手足などにライター用オイルをかけて焼くといった行為を日常的に繰り返した。ついに少女は「殺して、殺してよ!」と、泣き叫んだというが、彼らはその姿を見て笑い転げていたという。

 暴行により少女の顔は腫れあがり、食事も与えられない日が続いた。死の直前は自力で歩くこともできず、監禁されていた家の2階から1階のトイレに行くにも数十分かけて這って下りるほどだった。

「少年たちは少女に回し蹴りをしたり、遺体の処理方法をふざけて話し合いながらなぶり殺し、遺体をドラム缶にコンクリ詰めにして遺棄したんです」(全国紙社会部記者)

 コンクリートの中にあった少女の遺体の体重は10キロ近くやせ細り、全身に殴打やヤケドの痕、顔面は変形陥没していたため指紋から少女と特定するしかなかった。