左から、小池栄子、ともさかりえ、篠原涼子、板谷由夏 撮影/廣瀬靖士
 爆発的な“コギャル”ブームが起こった’90年代後半、青春を謳歌していた5人の女の子グループ“サニー”。ある出来事をきっかけに疎遠になってしまった彼女たちだが、20年後、メンバーの奈美(篠原涼子)が芹香(板谷由夏)と病院で偶然再会する。余命1か月と宣告された芹香が、かつての仲間と会いたいと奈美に頼んだことから物語は大きく動きだす。

 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』で、20年後のサニーのメンバーを演じ友情を深めた篠原涼子、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえにインタビュー。

――高校生時代のサニーのメンバーは“コギャル”。みなさんも“コギャル”だった時代が?

小池「ありましたよ。あそこまでのギャルではなかったですけど。細眉にラルフローレンのカーディガン、スカートを短くして。私が通っていた学校は地味な制服だったので、当時流行っていた、ほかの学校の可愛い制服を譲ってもらって放課後に着て遊んでました」

ともさか「私も’90年代はリアルに高校生でした。ただ、校則が厳しかったので、学校を出てからこっそりルーズソックスにはきかえたりってことはしてました」

板谷「私たちは(小池やともさかより)ちょっと年上なので、’90年代後半って、もう20歳くらいだった気がします」

篠原「私自身は、地元の高校に3か月通ったあと、上京してお寿司屋さんで働きながら、東京パフォーマンスドールの活動を始めていました。だから、制服を着て電車で通学しているコギャルの子を見ると、元気で可愛いな、エネルギッシュでいいなって憧れましたね」