樋田容疑者の変装を想定した似顔絵(大阪府警提供)

「容疑者が逃げた後に、警察が話を聞きに来てな。そしたら2階の窓が開いとって、危ないから、ちゃんと閉めないかんって頭ごなしにめちゃくちゃ怒るんやわ。

 遊びに来てた友達の自転車にも、カギがかかってないとか、高圧的にいろいろ言うんよ。そもそも逃がしたあんたらが悪いんやから、そんなこと言われたくないわ」

 勾留中の容疑者を逃がすという、間抜けな失態をやらかした大阪府警の捜査員のひと言ひと言に80代の女性はおかんむりだ。

富田林署の大チョンボ

 台風一過の、近鉄恵我ノ荘駅から徒歩20分ほどの住宅街。「うちも瓦が何枚か飛んだりね、ひどかったのよ」と被害を嘆くその女性は、

「逃走しとる容疑者は(台風のとき)どこにおったんやろか。外におるにも難しいやろうし、お風呂も入らんと臭くなるしな。いったいどこにおるんか」

 警察は血眼だ。自分たちのミスで、犯罪者を街中に放ってしまった。

 逃走中に犯行に及んだ可能性があるひったくりで、逃走資金を手に入れている疑いもある無職・樋田淳也容疑者(30)は、8月12日の夜、富田林署の接見室のアクリル板を壊して、姿を消した。

逃走犯の樋田淳也容疑者

 あれから1か月……。

「あ、先生。見守りしよるん?」

 下校時の小学生が、無邪気に騒ぐ。どこにでもある穏やかな日常に見えるが、見守りは、樋田容疑者から子どもらを守るための取り組みだ。

 樋田容疑者は今年5月以降、強制性交や強盗致傷などで計4回逮捕され、勾留中だった。

 70代の近隣住民は、

富田林署の大チョンボやわ。税金えろうかけているんやろうに、何をやってるんだか。ええ加減にしてほしいわ。警察もたくさんおるから安全といえば安全なんやろうけどな……。隣の家も防犯カメラつけた言うとったけど、どれだけ役に立つのか。

 近くに孫がおるんやけど、娘も毎日、子どもを学校まで送り迎えしとる。切羽詰まったら何するかわからん。夜だけでなく、昼間にも動いているかもしれんしな」

 と、いまやすっかり疑心暗鬼だ。