柄本佑

「撮影初日から“終わりたくない”と思う豊かな現場でした」

 都内の繁華街にあるミニシアターは9月上旬の夜、150あるすべての席が埋まっていた。この日は映画『きみの鳥はうたえる』の初日舞台挨拶が行われており、主演の柄本佑は冒頭のように観客に挨拶。共演者の染谷将太や石橋静河、三宅唱監督らも出席し、映画への思いを語った。

「今回の映画は3週間にわたり、北海道でオールロケ。撮影時、柄本さんの妻の安藤サクラさんが妊娠中でした。彼女も出産ギリギリまで仕事があったので、お互いに撮影で家をあけることが多かったんです。

 でも休みはうまく時間を合わせて、地元のスーパーで買い物をしたりして夫婦の時間を大切にしていました。サクラさんは出産後はしばらく子育てに専念しようと思っていたみたいです」(芸能プロ関係者)

楽屋に戻ると

 柄本はインターネットニュースの取材に対して、《16年くらいこの仕事やってきましたが、そのご褒美のような映画》と答えていた。それだけにこの日の舞台挨拶は終始、上機嫌だったが、どことなくソワソワしているような気も。その理由はイベント終了後に明らかになった。

 楽屋に戻るとすぐに電話をかけ始める。相手は妻のサクラだ。

仕事が終わった連絡をしようとしたら、娘さんがサクラさんの携帯で遊んでいたみたいで、出られなかったみたいでした。彼女が大阪に撮影で行ってしまう前は、舞台挨拶を見に来たこともあります」(映画配給会社関係者)