ガールズバーで満面の笑みを浮かべる西容疑者(読者提供)

もともと金持ちだと思ってたんだよ。確か自分が不動産業の社長とか言ってたな。週に5、6日、飲みに行ってたから。全部、あいつにおごってもらってたよ。

 普段はジャージとかスウェットとかだけど、見栄っ張りだからスーツでキャバクラに出かけることは多かったね。“きょう、仕事だったんだ”って言ってさ。20万円くらいのオーダーのスーツ作りに行ったりね。自分を大きく見せようとするんだよね。ブランド物のバッグ持って時計とかして、金持ちアピールはやばかったね

 知人男性が、そうつまびらかにする容疑者像。

 千葉県警松戸署は'18年9月11日、JAとうかつ中央・松戸南支店(千葉県松戸市)から同年6月15日に現金700万円を盗んだとして、元同支店出納担当係長の松永かおり容疑者(53)を逮捕した。

 同日県警は、松永容疑者が着服した金だと知りながら700万円を受け取ったとして、松永容疑者の次男で無職、西弘樹容疑者(22)を組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反(犯罪収益等収受罪)で逮捕した。

毎回どこからか現れる700万円

 冒頭の容疑者像は、西容疑者のそれだ。知人男性は、西容疑者が金を手に入れる際、その現場近くで待っていたことがあったと詳細を明かす。

あいつ、金がなくなるとだいたい600万~700万円くらい、毎回どこからか持ってきてたのよ。紙袋にガバッと入れて持ってくるんだよね。どういう経緯でそんな大金を手に入れているのか不思議でしょうがなかった。

 お母さんが働いていたJAの支店あるじゃないですか。その近くに作業服を売るチェーン店があるんですけどね、そこの駐車場に車を止めるんですよ。それでいつも、車から弘樹だけ降りて“お金を下ろして待っている銀行員の田中さんから受け取るだけ”って言っていましたね。

 車から降りて5分~10分で戻ってくると、大金の入った紙袋を持っていた。本人は19歳のときから不動産会社を経営しているとか言ってたけど、全く働かず遊んでいるし、どう考えたって無職のプー太郎。本当にナゾでしたね」