『黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜』(フジテレビ系、毎週木曜 夜10時〜)に主演する佐々木蔵之介 撮影/廣瀬靖士

 原作は弘兼憲史氏の大ヒットコミックで、'00年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を獲得した『黄昏流星群』。佐々木蔵之介演じるエリート銀行員の瀧沢完治が人生に疑問を感じ訪れたスイスで、偶然、栞(黒木瞳)という女性と出会う。妻・真璃子(中山美穂)や娘の存在がストッパーになりながらも、栞への思いを募らせていく完治。そんな彼がまさかと思うことが妻や娘にも起きて……。

結婚はしていませんけど(笑)

「完治は一流銀行マンで、出世して本店に行けるかもしれないと思った矢先に上司のミスの巻き添えで左遷される。

 私も会社に勤めていたこともありまして、サラリーマン経験もある。ちょうど漫画で黄昏世代と言っている50歳ですし、等身大の役ができるなという思いです。結婚はしていませんけど(笑)」

 理不尽な理由で左遷されたことで人生を見つめ直す完治。佐々木自身にも、理不尽だと思うような経験が?

僕自身、羨むことはしないほうがいいと思うようにしています。“調子がいいんだな”と映る人にもいろいろ葛藤があって、それを知らないだけ。

 僕は今、役者の仕事をさせていただいていますが、この先どうなるかわからないとは、なんとなく思っています。

 わりとマメに凹(へこ)むタイプなんですよ。“やっぱり、俺あかんな”とか“この人、上手やな、うまいな”と思うけれど、“自分は自分”と思うようにしていますね

 次々に作品が発表される人気俳優である彼から意外な言葉が。もうひとつ驚いたのが、今作を最初はヒューマンドラマだと思いながら演じていた、と苦笑いで語ってくれたこと。

“佐々木さん、初めてのラブストーリーですよ”って言われて、そうなんですか? それは、考えていなかったな、という状況だったんです。

 言われてから、どう演じていいかわからなくなって(笑)。

 中山さんや黒木さんは、やっぱりわかっていらっしゃるんです。僕だけ、ラブストーリー初心者。監督も“その不器用さがいいんですよ”って言う。

 つまり、できていないんだろうなぁと思って(笑)。完治は僕の肉体を通して演じているから、僕も器用じゃないと思います。でも、だいたい男が器用じゃダメですよね? 器用に立ち回られたら、女性も嫌でしょう?