宮野真守 撮影/廣瀬靖士

“ファースト”というのが僕にとってとても特別だったんです。機が熟しているときに撮っているので、今だからこそできる表現がすごく入っていて。いろんな宮野真守が見られる、まさに“プレーヤー”な写真集になっていると思います

 声優、俳優、アーティストとして活躍する宮野真守(35)が、初写真集『Player』を発売! 撮影は“STAR”というテーマのもと、エンターテイメントの聖地・ラスベガスで行われた。

「撮影場所を聞いたときから、“絶対に本場のショーを見たい! だからオフをもらえませんか”ってマネージャーさんに伝え(笑)、現地では『シルク・ドゥ・ソレイユ』のショーを3つも見ました。僕もライブとかパフォーマンスをやっているので、本場のショーを見て、少しでもインプットしてフィードバッグできたらいいなと思ったんです」

 オフの時間も満喫しつつ、さまざまな場所を訪れた宮野。表紙を撮影したグランドキャニオンでは、こんな思わぬハプニングも……!?

「すごくキレイな景色に囲まれ、“天気も良好でよかったね~”なんて言いながら撮影を終え、次の場所に移動しようとしたときに……ザーーーーーッて降ったんです。雹(ひょう)が! バババババッてすごい音がして(笑)。だから少し時間がズレてたら、この表紙は撮れなかったんですよ」

 カットの中には、貴重なシャワーシーンも。

シーツにくるまったり、シャワーを浴びるシーンは、何が正解かわからなくて、そこは編集さんにゆだねさせていただきました(笑)。思わずさらけ出してしまった表情を誰かに見てもらうのは恥ずかしいし、そういうのって雑誌ではなかなか撮れない、密着して撮ってもらってる写真集ならではのもの。そういう思いを全部ひっくるめて、ラジオで“写真集ってエロいじゃないですか”とひと言で表現したら、誰の共感も得られませんでした(笑)