寝室から顔を出す兄妹。ちょこちょこした動きとモフモフした毛並みがキュート!

「きゃ~! かわいい! こっち向いて!」と黄色い声&大歓声が上がるや、一斉にスマホでパシャパシャと撮影する黒山の人だかり。その先にはイケメン俳優? ハリウッドセレブ? と思いきや、被写体となっているのは愛くるしいヨチヨチ姿のレッサーパンダ。その横からひょっこり顔を出すもう1頭の赤ちゃんが。そう! 来園者のお目当ては、生後4か月の双子の赤ちゃんレッサーパンダ♪

 ここは静岡県静岡市にある日本平動物園。7月11日に双子のレッサーパンダが生まれたとあって大きな話題を呼んでいる。同園には、新たに仲間に加わった双子を含めた、9頭のレッサーパンダが生活中。“立ち姿”で一世を風靡(ふうび)した、あの「風太くん」も生まれた国内随一のレッサーパンダの“聖地”として、全国から老若男女が訪れる人気の動物園なのだ。

 そんなファンも熱い視線を送る双子の兄妹(名前は現在、応募の中から選考中!)は、風太くんと異父兄妹であるお母さんの「シー」と一緒にレッサーパンダ飼育棟ですくすくと成長中。人間の赤ちゃんと一緒で、1日のほとんどを睡眠に費やすため、なかなか寝室から出てこない。ところが、眠い目をこすりながら(!?)室内展示室に出てくると、冒頭のような大フィーバーに包まれるというワケ。

誕生から10日後の姿(左が妹、右が兄)。赤ちゃんの毛色はナント、白!

「(10月13日から)一般公開を始めて以降、統計を取っているのですが、午前中は10時~11時、午後は13時~15時の間に登場する回数が多いですね。1日合計で1~2時間ほど動き回ります

 そう教えてくれたのは、同動物園企画係主査の平田彰一郎さん。1頭が顔を出すと、釣られるようにもう1頭も顔を出すようで、兄妹がひょっこり顔を出して展示室をうかがう様子は、どんなアイドルユニットも勝てないような“かわいいオーラ”が漂う!

シーが寝室に消える=授乳の時間であることが多い。そのとき双子も目を覚ますので、授乳後にシーと一緒に展示室を動き回るケースが少なくないですね」(平田さん)

 つまり双子の赤ちゃんを見るには、平田さんが教えてくれた登場回数の多い時間帯を見計らい、さらにシーが寝室に消えたら大チャンス到来! これは覚えておきたい。

 登場した兄妹は、活発にあちこちと動き回る成体のレッサーパンダとは違い、丸太を上って遊ぶにも恐る恐る。

「レッサーパンダの成長は早く、2頭は早ければ年末には飼育棟を離れ、成体のいるレッサーパンダ館に移動するかもしれません」(平田さん)

 赤ちゃんならではのゆ~っくりした超絶キュートアクションを見られるのは、あとわずかというわけだ。