百田尚樹の原作は、累計発行部数546万部を突破。同名映画のヒットも記憶に新しい。そんな『永遠の0』が3夜にわたるスペシャルドラマとして放送される。主演は向井理。クールに思われがちなこの男が抱え持つ“本音”に迫る。

デビューして10年 積み重ねという自負

向井理
撮影/伊藤和幸

 朝ドラ『ゲゲゲの女房』(’10年)で大ブレイク。大河ドラマも経験し、今や連ドラや映画の主演の常連。ただ、決して鳴り物入りの華々しいデビューではなかったと振り返る。

「最初のころなんて右も左もわからないし、セリフなんてなかったし、ド下手だったし、俳優業とは何なのかなんて全然わかっていなかった。でも、その当時なりに、その年齢なりに、いろんなことを考えて、工夫してやってきた。その積み重ねだと思うんですよね」

 だからこそ、今回、自分を主演に選んでもらえたのだろうと分析する。

「単純に運がよかっただけだと思います。ただ、ずっと求められる以上のものを返そうとはしてきました」

 謙虚でありながらも、その底に流れているのは、確固たる自負心。

感銘を受けた体験がスタートだった

「監督と飲みに行ったときに“ヒーローは作りたくない”“わかりやすい作品にしたくない”と2人で勝手に決めました。そのときに“あぁ、この人とは共犯になれるな”とすごくうれしくなったのを覚えてます」

 懐かしそうに思い返す。演じたのは天才零戦パイロットの宮部久蔵。

「原作を読んだとき、主人公を取り巻く人たちが、宮部の人物像を思い思いに作り上げている、という印象でした。臆病であれ、卑怯であれ、素晴らしいであれ、何であれ……みんなが作り上げているのが宮部。だから、証言する人ごとに異なる印象を作れるように取り組んだつもりです」

 好きだと公言している原作。そもそも読んだのはいつ?

「4〜5年くらい前に、人にすすめられて読みました。最初は、正直“なんでこんな人の半生を追っていかなきゃいけないんだろう”と思いましたが、読み進めるうちに、ミスリードされたなと気づきました。最後に宮部という人の本質に迫っていくスピード感と序盤のスピード感は全然違う。謎解きの要素もあり、取材も緻密で、読み物としての完成度にすごく感銘を受けましたね」