自らプロデュースを手掛ける高い音楽性と、ルックスを兼ね備えた韓国出身の男性6人組、B.A.P(ビーエイピー)が7月13日にニューシングル『FEEL SO GOOD』をリリース。7月12日と13日には、ワールドツアーの東京公演として東京国際フォーラム ホールAでの2daysライブも控えている彼ら。先日、来日した彼らをキャッチし、新曲の制作エピソードや、ライブの見どころなどを直撃。この夏、B.A.Pが日本をにぎわす予感!

20160708BAP_3218

■世界16か国でライブ。「自信がついた!」

――2月に韓国・ソウル公演からスタートしたワールドツアーですが、アジア各国のほか、アメリカ、メキシコ、ロシアやポーランドを含むヨーロッパ、オセアニアなど全16か国を巡る大規模なものですね。

デヒョン「はい。これまでにもツアーを経験していますが、今回は本当にたくさんの国を回るツアーなんです。以前は、外国人の前ではちょっと緊張してしまうところがあったんですが、今回は世界中でたくさんのファンに会えたことで、自信がついた感じです」

――日本公演ではいつも流ちょうな日本語でMCを披露するB.A.Pさんですが、ヨーロッパ公演では、各国の言葉を頑張って話していましたね。

ジョンアプ「ライブの前に辞書で調べて、音声も何度も聞いて、見よう見まねでやっていました。モスクワ公演ではロシア語でMCにチャレンジしたんですが、すごく難しくて苦労しました(笑)」

デヒョン「英語に関してはZELOがもともと上手なんですが、さらに上達して、一番誉められていました」

ヨンジェ「慣れ親しんでいない言語だと、一生懸命練習しても、本番では片言程度でしか話せませんでしたが、“よく聞いてくださいね”って言って話せば、ぎこちなくても、僕らが話そうとしていること自体を喜んでくれたので、すごく励みになりました」

ジョンアプ(21)ダンス&ボーカル担当
ジョンアプ(21)ダンス&ボーカル担当

――海外公演の映像を見たのですが、アメリカやヨーロッパのファンは、応援が本当に熱狂的ですね。下着が飛んでくるという話を聞きますが、実際にありましたか?

ZELO「そういう話は僕もよく聞いていたので“飛んできたら滑んないように気を付けなきゃ”って心構えをして行ったんですが、そういうことはなかったです(笑い)。南米だったらありえるかもしれませんね」

――ファンは、ツアー先のホテルの部屋の組み合わせが気になっているようです。現在の組み合わせは?

ヨンジェ「僕とZELO、デヒョンさんとジョンアプさん、ヨングク兄さんとヒムチャン兄さんという組み合わせです」

ZELO「僕たちがキレイ好きなので、この組み合わせになりました(笑い)」

ヨンジェ「もともとは僕とデヒョンさんが一緒に部屋を使っていたんですが、今回のツアーから組み合わせを変えたんです。ツアー先のホテルで部屋のカギを渡された時に“一緒に使ってみようか”って何となくそうなっただけで、特に意味はないです」

ジョンアプ「たまに部屋に集まって話すときは、マネージャーさんの部屋か、ヨングク兄さんとヒムチャン兄さんの部屋に集まっています」

ヨンジェ(22)ボーカル担当
ヨンジェ(22)ボーカル担当

――ツアー中の思い出や、面白かったハプニングなどは?

ヒムチャン「僕は、お店をリサーチしておいしいものを食べに行くのが大好きなんですが、ツアー先でも韓国料理屋をあちこちで探して食べに行っています。そのせいなのかはわかりませんが、ツアー中に痩せようと思っていたのに、あまり変化がなくて……(笑い)。これから本格的にダイエットを頑張ります!」

バン・ヨングク「僕はお酒が大好きなんですが、ヨーロッパの公演先ではいろんなワインを楽しみました。正直、どれがおいしいとか、味はあまりわからないんですが(笑い)。あと、曲作りはツアー中でも頑張っていました」

ZELO「ヨングク兄さんはいろいろなワインを集めているんですよね。そういう僕はいま、スケートボードにハマっているので、ツアーにもボードを持って行っているんですが、時間がなくてあまり乗れなくって。結局、韓国に帰って戻って来てから練習しています(笑い)。あと、実家でモチという犬(ポメラニアン)を飼っているんですが、帰国したら実家に寄って、モチの写真をたくさん撮影して、ツアー中もちょこちょこアップしてました。モチ、すごくかわいいんですよ!」

ZELO(19)ラップ&ダンス担当
ZELO(19)ラップ&ダンス担当

ヨンジェ「僕はカメラが趣味なので、ツアー先でもいろいろと撮りました。どの国もきれいで印象的でしたが、特に思い出に残っているのがフィンランド。スケジュール的に余裕があって、あちこち行ってみたんですが、街自体がとってもきれいだし、天気もすごくよくて、平和的で……。何だか映画のワンシーンを見ているようでした」

デヒョン「僕はイタリアで公演をした時に、現地で声楽家をしている韓国人の知人に会いました。歌を歌う同業者としていろいろなアドバイスをもらえましたし、新しい発見もある、すごく有意義な時間になりました」

ジョンアプ「ハプニング的なことはそんなになかったんですが、どこかの国で、パフォーマンス中にテンションがすごく上がっちゃって、ノリでステージの下に降りたら、上に上がる階段がなかったことがありました(笑い)」

デヒョン「そうそう! 僕はファンに笑われながら必死によじ登ってステージ戻ったという思い出が……(笑い)」