『週刊女性』で毎年恒例のアンケート企画「好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ」の投票結果が4月26日発売の5月10・17日合併号で発表された。

 本誌とは別に『週刊女性PRIME』ではネットで独自にアンケートを実施! すると、1週間もしないうちに約16000人からの回答が集まった! ということで、2016年版の「嫌いなジャニーズ」部門のランキングを発表していきましょう。

20160425kiraijani115

1位:木村拓哉(2451票)

 今年1位になったのは木村拓哉、2451票を獲得。

「いつまでもかっこつけをやめず、歌は原曲から変な崩しをするし、演技も一本調子で面白みがない」(20代女性・派遣)

「顔が黒すぎる」(40代女性・パート)

「もうそろそろ、プライドを捨てて普通にしてほしい。キムタクを背負い過ぎて見ててつらい」(40代女性・会社員)

 といった毎年定番の理由が多数見受けられた。

 しかし、いつもと違ったのは、年始にあったSMAP独立騒動を見た人たちからのこんな意見。

「スマスマでの謝罪会見。ネットなどでも色々言われてて、真相は分からないけど、どうして自分だけ、あんな表情と態度でドヤ顔して居られたのか? とにかく一気に大嫌いになった」(40代女性・会社員)

2位:いない(2161票)

 さて、続く2位には「いない」という回答が。

「今のジャニーズはメンバーが多すぎてわからない……が正直な感想」(40代女性・パート)

 という人もいれば、コアなファンからは「ジャニオタは自担(自分のすきなアイドル)だけでなくみんなを愛してるから」(10代女性・学生)といった声も。

 そのほか多くの人からは「皆さん厳しい世界で一生懸命頑張っているから、計り知れない精神力が素晴らしい!」(50代女性・美容師)といった意見が寄せられていた。「いない」と書く人がこれだけ多いというジャニーズ軍団。その愛されっぷりが本当にすごい!

3位:手越祐也(1299票)

 3位はこの部門に常連の手越祐也。度重なるスキャンダルで、こんな声が続出。

「あくまでマスコミによる報道でしか知り得ない情報ですが、遊び過ぎかなぁ? 遊ぶのはいいのですが、無防備過ぎる。もっと自分の立場を考えて見えないところで女の子と会うべき」(40代女性・主婦)

「たくさん週刊誌の報道もあるようで、記事を見るたびにファンのことを考えているのか疑ってしまうから」(10代女性・学生)

「チャラい。良い人なんだろうけど、行動に責任感が欠けるかな」(10代女性・高校生)

 とアイドルとして、あるいはジャニーズタレントとしての“自覚”を求めるコメントが多いこと多いこと。

 一方で「好き」の理由にも挙げられていた“王子様キャラ”については「自分が大好きで、ファンを“子猫ちゃん”とか呼ぶところ」(10代女性・学生)や「キャラ作り過ぎ。歌は上手いのに残念」(60代女性・主婦)と、こちら側では「嫌い」の理由に。好きと嫌いは表裏一体!?