常子(高畑充希)と星野(坂口健太郎)は意外な出会いから昔の恋心に火がつく(C)NHK

 撮影もすべて終わり、いよいよエピローグへと向かう『とと姉ちゃん』。“今”だから語れるあんな話やこんな話を、ヒロイン・常子を演じている高畑に語ってもらいました。

「朝ドラのヒロインをやって、ドラマの真ん中に立つことの“極意”みたいなものをいろんな人に教えてもらえたと思います」

 まずは、見ているほうも胸がキュンとする、星野(坂口健太郎)との恋愛話。意外な出会いから“昔の恋”に火がついたけど?

「実は、星野さんが戻ってくることは最初から知っていたんです。20週目くらいから再登場するとは聞いていたんですけど、まさか子持ちで帰ってくるとは思ってもいませんでした。別れ方も別れ方だったけど、再会の状況も、本人より前に彼の子どもと会うというのにはちょっと……(笑)

 高畑充希とすれば、坂口さんと撮影でお会いしていなかったのは短期間だけど、常子にしてみれば15年間会っていなかったわけですよね。私自身15年前といえば小学生のときだし……、そうやって置き換えると初恋とかも遠い昔のことで、もっと感覚として薄れていていいのかもしれないなって」

 再会した星野は、植物学者の道を諦め、会社員として働いている。

「切ないんです。ある意味、常子は夢を叶えていて、星野さんは夢を諦めているじゃないですか。それでなくても星野さんとのシーンは苦しいシーンが多いんです。

 彼の子どものため、家に手伝いに2か月行ったあと、星野さんの仕事が一段落してお手伝いが必要なくなったとき、最後に(お礼の)お金を渡されるとか。女心からすれば、かなりキツイ。“そんなつもりじゃないのに”って。あのシーンの撮影があった日は、傷ついて家に帰りました(笑)」