この夏、公務先や静養先で元気な姿をお見せになった

「天皇陛下の生前退位について、政府は現在の陛下の退位のみを可能とする特別措置法を制定し、皇室典範の抜本的な改正は見送りにする方針のようです」

 そう話す宮内庁担当記者が続ける。

「8月8日の陛下のお言葉によれば、皇室典範の改正にも踏み込んでもらいたいと読み取ることもできます。

 ただ皇室典範改正となると、議論が長引き、意見の分かれる女性・女系天皇や女性宮家の問題にも立ち入らなくてはなりません。

 政府としてはまず特措法で陛下に退位していただき、残りの問題は当面は棚上げにするつもりのようです」

 いずれにせよ、長期療養が始まってから13年になる皇太子妃雅子さまが、「皇后」になる日は数年以内になりそう。

「昨年ごろから雅子さまに、“〇年ぶりのお出まし”というような久々の公務が増えているのは、陛下の退位のご意向を内々にお受けになったからかもしれません」(宮内庁関係者)

 実はこの秋は、雅子さまが皇太子さまに見初められてから、ちょうど30年になる。

 おふたりの出会いの場となったのは、'86(昭和61)年10月18日、スペインのカルロス国王(当時)の第一王女のエレナ王女が来日したときのお茶会。

「皇太子(当時・浩宮)さまと初対面だった雅子さまは、“浩宮さまって、そんなにおえらいの?”と、母方の祖母におっしゃったといいます。

 皇太子さまは“ケタ違いにスケールの大きい女性”と雅子さまに“一目惚れ”でしたが、雅子さまはお妃候補のひとりになっているとは夢にも思われなかったようです」

 そう当時を振り返るのは、皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡辺みどりさん。