今回の一件で評価を上げた三田寛子(左)と即座に謝罪会見を開いた橋之助(右)

 25分間で8回の「不徳」。20年間付き合いのあった30代の芸妓と、ホテルで小1時間の逢瀬を楽しんだ中村橋之助。『週刊文春』の報道を受け、9月14日に謝罪会見を開いた。

「10月に父の名跡『中村芝翫』を襲名する橋之助さんは、浅草寺で行われた襲名披露のお練りのあった8月29日の夜、京都の芸妓さんとホテルで密会。それ以外にも2度、ホテルで逢瀬を重ねていたようです」(スポーツ紙記者)

 肩を落とし、神妙な面持ちで会見場にやって来た橋之助は、自らのしでかした行為を“不徳”と表現し、連呼した。

「私ども歌舞伎界と京都のそういう方たちというのは、すごく深いつながりがございますんでね。お目にかかったのは……もう20年以上前。まぁ、とにかく私の不徳のいたすところでございます」

 会見で女性との関係を問われると、時折、言葉を詰まらせながらそう答えた。女性に関する質問が飛ぶと、ほぼすべてに「私の不徳のいたすところ」と濁した。

 普通、不倫がバレた男性がいちばんに謝罪し、思いやるべき相手は妻であるはずだ。

 しかし、彼の“いちばん”は妻である三田寛子ではない様子。

「今回、まず第一に! 考えなくてはいけないのは、やはり襲名興行でございます」といった言葉を枕に置き、何より大事なのは襲名、そしてそれを助けてくれるご贔屓へのお詫びだと繰り返した。