ついに環境基準を超すベンゼン、ヒ素を検出!

環境基準を超すベンゼン、ヒ素が検出された豊洲新市場

「安心・安全を確保する。それなしに市場はそもそもありえない」

 東京都の小池百合子知事(64)は9月30日の定例会見で、築地市場の豊洲移転を白紙撤回する可能性についてそう述べた。まさしく「都民ファースト」の消費者目線といえるだろう。しかし同時に、見通しの読めない言い方でもあった。

 移転延期の発表から約1か月。最終的に移転するのか、現地再整備に方針転換を図るのか。小池知事は、豊洲予定地の地下水モニタリング調査の最終結果が来年1月に出るのを待ち、複数の有識者会議の見解を踏まえるとしたうえで、

「多角的に判断できるタイミングをはかっている」

 と明かすにとどめた。

 前日29日には恐れていた事態が発覚した。豊洲の地下水から環境基準の1・1〜1・4倍のベンゼンと、1・9倍のヒ素を検出。約2年にわたる地下水モニタリング調査で初めて環境基準を超える有害物質が見つかった。

 市場問題に詳しい全国紙社会部記者が言う。

「土壌汚染の専門家は“飲むわけじゃないから問題ない”などとコメントしていたが、また新たな不安のタネが出てしまった。全9回の調査の8回目で基準値超えというのが気になる。7回目までは問題なかったのだから。当初の11月移転のスケジュールどおりに進んでいたら危なかった」