レストランでのコース料理、どれを選ぶかにもコスト感覚が問われる
 敏腕社長でありながら「理学博士(Ph.D.)」「MBA」「行政書士」「宅地建物取扱士」「栄養士」などと多くの資格を取得し、その波乱万丈の経営経験から、多くのビジネス書が著作にある臼井由妃さん。そんな彼女の著書『お金持ちはなぜ、靴をピカピカに磨くのか? 金運を鍛える「節約」生活のルール』(朝日新聞出版)が9月下旬に発売された。同書では、夫が残した3億円の借金返済を可能にした節約術やノウハウが解説されている。そんな臼井さんがお金の持ちの”考え方”を教えてくれた。

 突然ですが、初めて入ったレストランで、3つのコースが用意されていたとします。

 Aはプレミアムコースで、メイン料理は数量限定の「大田原牛の極上ステーキ」で、18000円。Bはスーペリアコースで、メイン料理は「松坂牛のステーキ」で10000円。Cはスペシャルコースで、「地産地消」をコンセプトにメイン料理は「地元牛のステーキ」で、5000円です。

 あなたなら、どのコースを選びますか? お金持ちならば、どのコースを選ぶでしょうか?

 私が知る限り、お金持ちはCの「スペシャルコース」を選びます。

「えっ? お金持ちなのになぜ、一番安いコースを選ぶの?」

 と疑問を感じた方も、多いでしょう。

 お金の心配をする必要がない彼らだったら、一番高い「プレミアムコース」を選びそうなものですが、真のお金持ちは「値段が高いから美味しい」とか、「高いから価値がある」とは考えないのです。