鈴木亮平と白石隼也 撮影/伊藤和幸

 映画『彼岸島』(10月15日より全国ロードショー)で主役の兄弟を演じた白石隼也と鈴木亮平。

白石「わかりやすく言えば、僕は熱血漢タイプで、亮平さんはすごくクールです」

鈴木「逆、逆〜! つまんないツッコミさせるね、隼也は(笑)」

 2人は同じ事務所の先輩・後輩という関係だが、“性格は似ている?”という最初の質問から、一気になごやかムードに。リラックスした空気感は、まるで本物の兄と弟のよう。

鈴木「逆ですよ、僕は見た目のとおり何にでも熱くなるような熱血漢。隼也は、なんていうのかな……“悟り系男子”といったところでしょうか(笑)」

 ウイルスに感染した住民が吸血鬼と化し、次第に支配されていく絶海の孤島『彼岸島』。特に白石は、ほとんどがアクションシーンのため撮影が過酷だったそうで、

白石「体力をつけて身体を作っていったんですけど、体重は3キロくらい落ちました。それくらいずっと動き回っていたんです」

鈴木「もう、本当に『彼岸島』に住んでる人みたいな顔つきになっていて(笑)。クランクインしたときと、クランクアップしたときの表情がまったく違いました。その集中力と、自分を追い込んで撮影に挑む姿勢はすごいなと思いましたね」

 鈴木も、ドラマ『天皇の料理番』で20キロの減量、映画『俺物語!!』で30キロの増量(ともに2015年OA&公開)など、役に応じて肉体改造を行うことで有名。

白石「みなさんご存じのとおり、亮平さんは本当にストイックな方。でも、この現場では結構お菓子を食べていましたよ!(笑)」

鈴木「そうですね、実はお菓子大好きなので(笑)」