映画『怒り』で、ゲイのカップル役を演じた妻夫木聡と綾野剛。カップル役ということもあり、共同生活を送るなど役作りに徹していたそう。その中で、屈指のゲイタウン・新宿ニ丁目へも足繁く通っていた2人。ほかにも、役作りのために二丁目を訪れる俳優は多いのだとか。いったい、どんなことを学びに来ているの? ちょっぴり不思議な夜の街をのぞいてみると―。
綾野剛と妻夫木聡

「毎日、同じものを食べたり飲んだりしていて。毎日撮影が終わって一緒のホテルに帰ってたんですよ。すごく近い距離感で(笑)」

 映画『怒り』の完成報告会見でこのように語った綾野剛。住所不定の謎の男・直人を演じ、妻夫木聡が演じる大手通信会社に勤める優馬と恋に落ちる。

「男性同士で愛し合う──。そのために2人は、役作りを密にしたそうです。劇中では出会ってから、綾野さんが妻夫木さんの家に転がり込んで同棲生活をスタートさせています。役作りのために、2人も2週間の同棲生活を送ったそうですよ」(映画ライター)

『怒り』は東京、千葉、沖縄の3か所で話が進んでいき、2人は東京をメインにしたエピソードで共演している。舞台はゲイタウンとして名高い新宿二丁目だ。実際に新宿二丁目へも足を運んでいた。

「営業時間前のゲイバーや劇中で2人が出会った、男性の同性愛者が出会いを求めて出かける“ハッテン場”へ通い、役作りをしていたといいます」(前出・映画ライター)