BIGBANG、初のスタジアムライブ@大阪・ヤンマースタジアム長居 撮影/伊藤和幸

 '06年8月に韓国でグループを結成してから、今年で10年を迎えたBIGBANG。日本デビューを果たした翌年('10年)、日本武道館を熱狂させたBIGBANGに、まだ経験のない東京ドームのステージをどう思うか質問すると、

「日本でいちばんスゴイ会場だと思っているので、やりたいです!」

 と語るV.Iに続き、SOLが、

「お客さんなしでだったら、いますぐにできるかもしれないけど(笑)」

 そうユーモアを交え答えてくれた。そのあとすぐに、初のドーム公演でありながら、東京・福岡・大阪の3大ドームを回るツアーを成功させた彼ら。翌'13年からは、“海外アーティスト史上初”というタイトルを更新し続けている、日本ドームツアーがスタート。この11月から12月にかけて開催されるツアーで、4年連続となる。

 世界からラブコールを受けるトップスターとなった5人にとって、今年のビッグイベントのひとつが、デビュー10周年を記念して大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた初の単独・野外スラジアムライブ。夏のまぶしい日差しを跳ね返すような灼熱のステージを披露し、日本デビュー曲『MY HEAVEN』から、大ヒット曲『FANTASTIC BABY』。そして、各メンバーのソロ、ユニット曲に加え、大爆笑の日本語MCも交える2時間半に及ぶ公演で15万5000人(3日間)を歓喜の渦に巻き込んでいった。