『べっぴんさん』ヒロインの芳根京子。過去の朝ドラオーディションに3回挑戦し、4回目でようやく主演の座をつかんだ

 平均視聴率20%超えを連発し、絶好調なのがNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。

「坂野惇子さんという、ベビー服メーカー『ファミリア』の創業者がモデル。昭和初期から高度経済成長期の神戸と大阪を舞台に、芳根京子演じる『坂東すみれ』が戦後の混沌とした時代を精いっぱい生き、起業していく姿を描いています」(テレビ誌記者)

 とりわけ、セリフは少なめで表情での演技を求められる難役なのだが、そんなすみれを見事に演じる芳根に注目が集まっている。

「'13年のドラマ『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)で女優デビュー。'14年の朝ドラ『花子とアン』では、ヒロインの親友の蓮子(仲間由紀恵)の娘役を好演。翌年には、ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)のキャストオーディションで、1000人以上の候補者の中から主演に選ばれました」(前出・テレビ誌記者)

 そして2261人の応募の中から『べっぴんさん』ヒロインの座を勝ち取る。わずか3年のキャリアでここまで高評価を得ている彼女の秘密に迫ってみると、ヒロイン誕生までの19年間に、想像もしないドラマが存在していた。

「この病気で亡くなった方もいると聞いて、そこから命の重さを自分で実感しました。そういう経験をしたからこそ、しっかりと自分を持とうと考えるようになりました」

 ヒロイン発表会見において、中学2年生のころに『ギランバレー症候群』という、筋肉を動かすなどの働きを持つ末梢神経が障害を起こすため、両手両足に力が入らなくなる難病を患っていたことを公表した。昨年、雑誌のインタビューを受けたとき、病気について、

《幸い私の症状は軽くて、また学校に通えるようになりましたが、でも1年の間に部活も勉強も置いていかれてしまって。そのときに友だちや先生や家族の大切さをすごく感じました》

 と語っている。苦難やハンデを乗り越え、見えてきた自分の生きる道。だけど意外にも彼女、女優志望ではなかったというのだ……。目指していたのは料理の専門学校だったとか。

《自分の作ったもので誰かが喜んでくれるなんて、すごく素敵なことだなぁって、そういう気持ちでした》(前出・雑誌インタビューより)