北島三郎

「この日本の大切な演歌をずっと頑張って最前線で大黒柱として支えていただいたのが、北島三郎さんであります。

 そして、まさに演歌の精神である義理と人情ということを大切にされてます」

 10月5日に都内のホテルで行われた北島三郎の『芸道55周年記念パーティー』。芸能界だけでなくスポーツ界や政財界などから約700人を集め盛大に行われた。

 挨拶に立った安倍晋三総理大臣も、冒頭のようにサブちゃんへ最大級の賛辞を送った。

「とにかく、パーティーは豪華のひと言で、本当に著名人だらけという感じでした。

 ただ、北島さんが入場の際に、お孫さんの手を借りて歩いていらっしゃった。やはり、ケガが思わしくないんだなあと思いましたね」(スポーツ紙記者)

 北島といえば、今年8月下旬に自宅で転倒。頸椎症性脊髄症で9月11日から都内の病院に入院していた。

「パーティーは“自分が歌うより、集まってくれた方々と話したい”という北島さんの意向で、歌はありませんでした。ですが、壇上で挨拶を受ける北島さんは、演台のようなもので支えて立ったり、椅子に座ったりと、かなりつらそうでした。

 3時間半という長丁場でしたから歌唱なしとはいえ、かなり体力を消耗したのではないでしょうか」(前出・スポーツ紙記者)

 今回のパーティー出席のため、入院中は精力的にリハビリを重ねていたという。だが、体調は思ったほど回復しなかったようだ。