入隊後も新CMの放送が始まったり、軍隊の音楽祭で舞台に立ったりと、人気に陰りの見えない東方神起。多忙の合間に休暇をとって、ある結婚式へと駆けつけた2人だけれど、ユンホの目には涙が浮かんでいて―。

兵役中のチャンミン(左)とユンホ

 昨年7月にユンホが、11月にはチャンミンが入隊し、事実上、活動休止中の東方神起。韓国では兵役に就くことが義務づけられているが、2人の活躍は韓国でもよく報道されているという。

ユンホさんは陸軍将兵のわずか1%しか認定されない特級戦士に選抜されました。韓国陸軍が毎年開催する『地上軍フェスティバル』でも、初めてダンスを踊る兵士に指導をしていた姿が印象的です。チャンミンさんも、ソウル地方警察署の広報団で活動し、『ミュージカル&ヒーリングコンサート』に出演。どちらも日本人ファンが殺到しました」(現地ライター)

 入隊後にもかかわらず、日本ではチャンミンが出演するコスメの新CMの放送がスタートしたり、10月5日に日本で発売されたリミックスアルバム『Two of Us』が、宇多田ヒカルなどの強敵をおさえてオリコンデイリーランキングで1位に輝くなど、人気に陰りの色がまったく見えない。そんな彼らが11月5日、兵役の合間を縫って久しぶりに会ったという。

その日、ユンホの2歳下の妹さんの結婚式があったんです。2人は特別に休暇をもらって、会場へと駆けつけたそうですよ」(日本人ファン)

 ユンホの故郷・光州の『J』で行われた結婚式には多くの人が列席した。東方神起の2人をはじめ、チャンミンと同じ広報団で同じ所属事務所のSUPER JUNIORのシウォン、チャンミンの両親までもが駆けつけている。

「韓国の結婚式は半立食で行われることが多く、服装は日本の2次会くらいカジュアルです。ユンホは親族なのでフォーマルなブラックスーツでしたが、チャンミンはキャメル色で首まわりに柄の入っているセーターに同系色のジャケットを羽織っていました」(結婚式の列席者)

 結婚式が始まるまで、ユンホは知り合いや親族との写真撮影に応じていたそう。学生時代の後輩や恩師に会って、喜んでいたという。

チャンミンは写真NG。出席者から写真撮影を求められると、丁寧に断るかわりに両手で握手をしてあげていました。座席はユンホが前のほうで、チャンミンは真ん中よりも後ろだったのですが、式の開始前後は2人とシウォンで並ぶ姿も。歓声が上がっていましたよ」(前出・式の列席者)

 式は、いま韓国で流行っているミュージカルウエディング。舞台俳優を呼んで、その俳優が歌を歌ったり、余興を代行したり、司会進行をするなど、とにかく盛り上がるウエディングスタイルだ。その演出のせいもあってか、ユンホは式中に号泣するひと幕も。というのも、彼は妹のことがとにかく大好きなのだ。