女性同士の友情を描いた最新映画『マイ・ベスト・フレンド』の日本版テーマソング『STAR』を担当した歌手の平原綾香(32)。自身の女友達との関係など、『Jupiter』で知られる“歌姫”のイメージと違う意外な素顔が──。
映画『マイ・ベスト・フレンド』の日本版テーマソング『STAR』を担当した平原綾香

「友達からは、天然と言われ続けていて、デビューしてからは“あーや、もっと素を出せばいいのに。面白いんだから、バラエティーにも出たらいいのに”と、言われていました」

 そう語るのは、デビュー曲『Jupiter』の大ヒットで知られる歌手の平原綾香。壮大な曲を美しい歌声で人々を魅了。クールビューティーな“歌姫”のイメージだが、友人の後押しに最近では『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)などのバラエティー番組にも出演するようになった。

 デビューして13年。30代になって心境にも変化があるという。

「おちゃらけてもいいと思えるようになりましたね。昔は『Jupiter』のイメージで話されることが多くて、相手に合わせてしまうことが多かったのですが、最近は、自分の素をどんどん出せるようになってきました」

 そんな彼女が、「30代でいちばん好き」という映画『マイ・ベスト・フレンド』(11月18日公開)で、日本版テーマソング『STAR』を担当した。

高校時代に出会い仲よくなった4人

 映画は、幼なじみで親友の2人が、仕事、恋愛、結婚、出産といったさまざまな場面で絆を築きながら、大きな運命を乗り越えていく、女の友情を描いている。

「いちばん大変なときや、最悪な状態のときに一緒にいてくれるのが、いちばんの親友だと思います。映画の2人も、まさに苦しいときにその人に会いたい、そばにいたいと思う関係。真の友情を描いています。涙なくして見られない名作に出会うことができて、幸せです」

 平原の“マイ・ベスト・フレンド”は、高校時代に出会い仲よくなった4人で、“おばちゃん”“あいちゃん”“えみちゃん”“あーや”と呼び合うという。

誰かひとりでも“苦しいよ”と連絡があったら、夜中でも駆けつけてくれる頼もしい友達です。話は聞いてくれますが、絶対に同情はしなくて、悩みを笑い飛ばしてくれる。それがすごくうれしいです。一緒に泣いてあげることもときには必要なのかもしれないけど、本当の友情って、一緒にどん底に落ちるのではなくて、引き上げてくれる人だと思います

 女の友情はときに希薄と言われがちだが、ケンカや仲間割れもないという。

「“おばちゃん”は、1歳上の先輩で、先生からもおばちゃんと呼ばれていました。“あいちゃん”は、おばちゃんの妹で、“えみちゃん”とわたし(あーや)の3人が同級生。おばちゃんが3人を統括するお母さんのような存在です。それぞれが仕事をするようになったり、結婚したり、状況が変わっても、誰かが欠けることは想像できないし、支え合っている感じが強いです