左からイ・ジョンシン、チョン・イル、アン・ジェヒョン 撮影/キム・ジヒョン

『私の期限は49日』『夜警日誌』などに出演し、悲しみを抱えながらも、それを表に出さず軽快に演じる役で特に評価されているチョン・イル(JUNG IL WOO・29歳)。

 トップモデルとして活躍しながら、『星から来たあなた』で俳優業に初挑戦。バラエティー番組にもレギュラー出演するなど、マルチに活躍中のアン・ジェヒョン(AHN JAE HYEON・29歳)。

韓国発の4ピースバンド、CNBLUEのベースを担当。初演技の『いとしのソヨン』から、物語の中にすっと溶け込むような自然な演技が持ち味のイ・ジョンシン(LEE JUNG SHIN・25歳)。

 3人が共演するのは、継母にいじめられ、苦労続きのヒロインの前に現れたイケメン御曹司たちとのラブロマンスを描く『シンデレラと4人の騎士〈ナイト〉』。劇中では恋のライバルとなる異母兄弟を演じた3人だが、親友のように和気あいあいと、冗談を交えながら互いのキャラクターを分析してくれた。

イル「ジェヒョンが演じたヒョンミンはクールに見えるけど、本当はユーモラスで明るくて、共演者をラクにさせてくれるような人なんです」

ジェヒョン「ジウンはツンデレな悪い男のイメージですけど、イルはもともとこういう人だったっけ?(笑)って思えるくらいかなり準備して演じていたと思います」

イルジョンシンと(彼が演じた)ソウは違いを感じないほどでした。ソウそのものがいる、って感じで。でも自然に見せるのって、実はいちばん難しいですからね」

ジョンシン「ヒョンミンは序盤ではすごく図々しくて近寄りがたいイメージがあるのに、ジェヒョン兄さんはもともと優しい人なので、キャラクターとは全然違います。撮影中、僕は、兄さんたちに可愛がられるよう努力していました(笑)」

ジェヒョンジョンシンはいつもこんな感じだから、可愛がるしかないんですよ(笑)。純粋で子どもみたい