NHKスペシャル「ママたちが非常事態!? ~最新科学で迫るニッポンの子育て~」(NHK総合テレビ/再放送予定:2016年11月19日土曜日午後1時50分~2時39分 ※四国・北海道ブロックは別番組) ☆文化庁芸術祭参加番組 (c)NHK
 今年の1月に放送された、NHKスペシャル「ママたちが非常事態!? ~最新科学で迫るニッポンの子育て~」が11月19日に再放送される。NHKスペシャルで「子育て」を取り上げるなんて意外な気がするが、多くのママたちが抱えている“不安で孤独な育児”の理由を、科学の視点で解明して、大反響を呼んだ。
 評判の高かった番組とはいえ、しばらく前に放送されたこの番組が、なぜ今あらためて放送されることになったのか? ママたちの熱い支持を得たこの番組のプロデューサーである浅井健博さんにお話を伺った。

――今年の1月に放送された番組が、半年以上もたった今、また放送されるって珍しいですよね?

 そうですね。じつは、この番組が文化庁芸術祭に参加することになったこともあり、再び放送が決まりました。土曜の午後1時過ぎからの放送なので、通常のNHKスペシャルの放送時間帯とは違って、新しい視聴者の方に見ていただける可能性もありそうです。そのことをとても嬉しく思っています。

――1月の番組放送後、ものすごい反響があったと聞いています。具体的には、どのようなものだったのでしょうか?

 子どもの夜泣きやイヤイヤ、夫へのいらだちなどに困っていたママたちが、「放送を見て、初めて知った。役に立った」とか「肩の力が抜けてラクになった」とか、好意的な感想もたくさんいただいたのですが、じつは「涙が出た」という感想がものすごく多かったんです。

 放送後、番組の上映会も開いたのですが、そこでも、涙を流しながら見ているママたちが数多くいました。

――ママが泣くNHKスペシャルの番組ってあまり想像できないのですが、なぜそんなことが起こったのでしょうか?

 観ている人の心に響く番組を作りたいとはいつも思っていますが、今回、これほど多くのママが涙を流しながら観てくれたというのは正直、意外でした。でもそれは、裏を返して言えば「それほど子育てがツラい!」、現代ニッポンのママたちの悩みが、非常に深いことを物語っているんだと思います。

 ママたちの涙や「この番組に救われた」という感想コメントで、逆に制作者の僕らが、ママたちの“悩みの深さ”に改めて気づかされることになりました。我々は本当に、いまのママたちのツラさをわかっているのか? その反省が、2か月後に放送されたパート2の番組につながっていったんだとも思っています。

――浅井さんご自身の子育ても、この番組を作ったことで、何か新たな“気づき”はありましたか?

 うちも、子どもを育てている最中なのですが、お恥ずかしい話、番組プロデューサーとしても、夫としても、ママのことが、妻のことが、子育てのことが、本当のところじつは何もわかってなかったんだと、ものすごく反省しました(苦笑)。これからイクメンになれるわけではないのですが、せめてもっとしっかりと妻や子どもたちと向き合わなければと、意識は変わりました。