道の駅グルメ日本一を決定する『道-1グランプリ』で見事1位に輝いた道の駅もてぎの『ゆず塩ら~めん』。栃木県・茂木町が作り出した逸品は、地域創生にかける情熱のたまものだった! 単なる道の駅版のB級グルメ決定戦ではない裏側をレポートします。

『ツインリンクもてぎ』がある町

 去る9月24~25日の2日間、道の駅丹後王国・食のみやこ(京都・京丹後市)で『道-1グランプリ』が初開催された。全国にある1100(!!)を超える道の駅のグルメNo.1を選ぶもので、本選に進んだ20の中から、来場者の投票によって初代グランプリに輝いたのは栃木県・茂木町にある道の駅もてぎの『ゆず塩ら~めん』。「ゆずの香りが食欲をそそる女性好みのヘルシーな激ウマら~めん」という噂を聞き、現地にお邪魔してきました!

ゆず塩ら~めん(640円/税込み)。爽やかなのに、うまみが抜群!

 栃木県・茂木町は国際的なモータースポーツが行われる『ツインリンクもてぎ』がある町としても有名。宇都宮市と茨城県水戸市の間に位置し、車なら常磐道か北関東道で、電車ならSLが走ることでも知られる真岡鐵道からアクセスが可能。パンジーをはじめとした四季折々の花がたくさん植えられている道の駅もてぎは、野菜直売所や茂木産米粉で作ったバウムクーヘンを販売する『バウム工房 ゆずの木』など多岐にわたった施設がそろっているため、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に人気なんです。

 話題のゆず塩ら~めんは、構内にある『十石屋』にて販売されており、いたるところに「グランプリ受賞」の文字が! 取材に応じてくれた道の駅もてぎの企画・広報担当の阿島佳央さんによれば、「平日100食、土日祝150~180食だった、ゆず塩ら~めんは、グランプリ受賞後には平日600~800食、土日祝800~1200食になるほどの人気で行列状態に。うれしい悲鳴です(笑)」と、“道1”効果をさっそく実感しているという。とはいえ、「まったくグランプリをとれるとは思わなかった」というから驚きだ。

 そもそも『道-1グランプリ』は、参加希望の道の駅がエントリー用紙を出すところから始まる。そのうえで「地元食材の利用」「商品の製法」「商品への熱意」の3項目を主な審査基準として、最終的に20の商品が本選に選ばれるプロセスがあったという。であれば、道の駅もてぎにはどのような背景があったのか気になるところだ。