三笠宮さまのご葬儀に参列されたときは、よりおやせになったようにも……(11月5日)

 11月16日から18日にかけて、2泊3日で愛知県と長野県へ「私的旅行」に出かけられた天皇・皇后両陛下。

「四季折々の自然に触れ、両陛下にリラックスしていただく『私的旅行』は'13年に始まり、今回が7回目となりました。

 陛下が80歳になったのを機に、恒例の葉山や軽井沢での静養とは別に各地を回っていただく“フルムーン旅行”です。当初は年に2回程度ということでした」(宮内庁担当記者)

 昨年の秋は、陛下が戦時中に疎開していた奥日光を含めた栃木県などへの旅行が予定されていたが、9月の大雨による水害被害で中止に。

 この春も、熊本地震の影響などで催行されず、今回は17か月ぶりとなった。

「16日の初日に両陛下は、愛知県犬山市の農業用溜め池『入鹿池』に立ち寄り、紅葉を楽しまれました。

 そのまま長野県へ移動し、2日目は阿智村の『満蒙開拓平和記念館』で元開拓団の引揚者と懇談し、苦労をしのばれました」(同・記者)

 その後、『りんご並木』でりんご狩りも楽しみ、栽培に携わる中学生を激励するなど、ゆったりめの日程で2泊3日の旅を終えられた。

「今回のご旅行で少しでもリラックスできればいいと思いますが、美智子さまは常に天皇陛下をお支えする立場なので、気が休まらないところもあると思います」

 皇室を長年取材するジャーナリストで、文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんもそう心配するが、皇后美智子さまは最近、おやつれになっているように……。